注目キーワード
  1. 余談
  2. YouTuber
  3. 世代

【サイコパスのアスペクト】虐待と支配の金星と火星、冷徹で残酷な火星と土星【占星術】

残虐性の高い人間の周りには、やはり同じ人間が集まりやすいですし、
被害者もまた、いつも同じような性質を持っています。

この星は土星絡みでよく登場するアスペクトです。
チャートで土星の扱いを理解していない方には難しい記事になります。

【サイコパスのアスペクト2】異常性癖と宗教ビジネスの狂人・火星×海王星【占星術とSEX】

まず、このアスペクトがあるから全員加害者というわけではありません。
チャートの全体(特に土星とサイン)を慎重に見る必要があります。

危険性では0度→180度と90度。
120度はアスペクトの性質をプラスの面で発揮できますが、やや自戒が必要。
60度は可能性ですので、ほとんど出しませんし出してもプラスに働きます。

筆者の経験上、性癖の類が入っている場合は治らないと感じます。
1度警察に捕まっても、やはり反省しないのですよね…。

火星×土星90度に心理学者で有名なジークムント・フロイトがいます。しかし彼はサイコパスではないですよね。


「Wikipediaより引用」

彼の人相は火星が強いです。眼球は天王星系、顔立ちは土星系です。
タイトなアスペクトにMC×天王星90度があるので、これが強そう。
火星×木星180度があり、太陽×天王星0度で、トリッキーな劇場型。
ですから火星×土星の要素はプラスに作用しているのがわかります。
このようにチャートを慎重に見る能力と、人相を見る能力も必要です。
高度なホロスコープを読む知識が必要になります。誤解しないようにお願いいたします。

2つの天体が同じサイン(星座)の場合は筆者の研究上『0度扱い』します。

★ 金星と火星が同じサイン(星座)
異性が好きで性欲が強く、攻撃性が高いです。
異性が嫌いでも、衝動買いなどお金や物質が大好き。

★ 火星と土星が同じサイン(星座)
冷徹さと残忍な攻撃性が高く、権力者が好きで、内外で態度が違います。
自分に自信がなく、劣等感が強い。人と自分を比べ一喜一憂します。

※この2つのアスペクトは、何故かお互いに惹かれあいます。

虐待やいじめは、人の気持ちがわからないから

結論からいうと、3つのパターンがあります。

(1)月が風のサイン(双子座・天秤座・水瓶座)の人。
感情が苦手or自分の知性に自信を持っている(が月は7歳児レベルの理解力)
ただそれがいじめにすぐ発展するわけではありません。単純に感情で判断しない人です。

(2)月にノーアスペクトか、心の弱い人。
「同情」の原理を司るのが月です。月にノーアスペクトとは、単純に他人への同情心がなく心にストッパーがない人です。人と感情を共感しあう面が少ないです。
ただそれがいじめにすぐ発展するわけではありません。

最近有名ならプーチンでしょうか。
彼は月が双子座でもっとも冷淡ですし、月にノーアスペクトです。
『人の感情がわからないのか!』と世間で非難されていますが、わからないでしょう。だからできてしまうのです。
彼は土星0度が多いですから、全てにおいて冷淡で残酷です。

月のアスペクトで金星の方は、単純に心が弱いです(主に弱い者イジメ)
月に木星は、単純に自分の行動に甘いです(凶悪犯に一番多い)
月に海王星は、被害妄想が激しく、人への要求が過剰です(サイコな犯罪)
凶悪犯は『心の弱い人』か『自分に甘い人』が多いです。

(3)もっとも恐ろしい、加害する事に罪悪感がないアスペクトです。
これが金星×火星火星×土星のアスペクトになります。

筆者の母親は月にノーアスペクト以外、全て持っています。

虐待や支配を好む、金星×火星

まず西洋でも虐待と関係が深いと言われているのが、金星×火星
これはまず”ほぼ持っている”アスペクトです。

歴史上の異常性を含む凶悪犯罪者のチャートを見てください。必ずあります。
お金や性欲など煩悩がすごく、単純に支配する事に快感を覚える人です。

1度”上になる体験”をしてしまうと、引き返す事が難しいでしょう。
支配者、女王様という感じ。これに土星や冥王星が絡むと本当にやばいです。

いい子ちゃんを演じていても、必ず最後は化けの皮が剥がれる傾向にあり、
非常に子供っぽく罪悪感を持ちません。
無邪気に楽しい〜ってノリ。反応しない事が大切。
白けた態度と無視が一番堪える人々です。相手にしない事で無効化できます。

このアスペクトは興奮するものが好きです。要するに異性とお金が大好き。
面白そうな場所にいつも1番最初に飛んでくるイメージです。

Sの性癖を持っており、人がいじめられているのを見ると性的に興奮します。
どこまでも冷徹に人を加害する火星×土星が本質的に大好き。横で煽ります。

いずれにせよ、大人は関わると後悔するタイプ。
彼らのノリに付き合いきれないし、子供っぽい感性にも共感できないでしょう。

ただいつまでも若々しい人、という前向きな意味もあります。
(180度の瀬戸内寂聴さんはそんな感じのノリでしたね)

何事も無邪気な子供で、悪気がないのです。
派手に大暴れしてるロックバンドのメンバーは必ず持ってます。
派手な服を着て、とんがってるのがクールだと思っています。

0度にXJAPANのTOSHIさん、BUCK-TICKの今井寿さん、PENICILLINのHAKUEIさん、コートニー・ラブ、180度にLUNASEAのSUGIZOさん、90度にMIYAVIさん、60度にXJAPANのHIDEさん、120度にGacktさんとマリリン・マンソン、0度扱いでB’zの稲葉浩志さん、XJAPANのYOSHIKIさんがいます。


「Wikipediaより引用」

ただ深入りすると結局は性格も子供っぽく無責任な面が…。
観察していると趣味趣向も子供っぽい面がありますが、性的な魅力に溢れ、異性を魅了するのが特徴。

主にV系に多く、ロキノンは火星×土星持ちが多いです。
この2つは陰陽の関係なのでしょう。子供の頃からロキノンの方がV系を目の敵にしてるなぁと雑誌を見ていて思っていました。
V系は割とロキノンが好きで憧れているのですよ。お互いに足りない面を持っているのでしょう。まさにこの星の関係性(この星は火星×土星が好き)みたいで面白いですよね。

0度扱いの稲葉さんもしょっちゅう火星×土星0度の桜井和寿さんがボーカルを務める、Mr.Childrenが大好きと公言していますね。この星はこのように純粋で無邪気。劣等感があまりないので変なライバル心もないのかもしれません。

この星は素晴らしい芸術家でもあります。
世界的なデザイナーも多く持ち、鮮やかな色使いが得意。

服装、持ち物、色彩センスでその人の見ている世界や精神年齢がわかります。
大人になってもキャラクターグッズを好む人は金星か海王星が強く、依存心が強くて自分に甘い性格、色彩センスがない人は性的な魅力に欠ける…など。

ファッションデザイナーは火星が強いのが特徴です(特に火星×冥王星
色彩の強さだけではなく、芸術が認められるまで困難が多く、信念の強さを必要とするからでしょう。強くないと芸術家にもなれないのです。

またファッションセンスが良く、おしゃれで過激。
その過激な感性は芸術に使う必要がある人々でしょう。
0度にはカニエ・ウェストブルーノ・マーズがおり、ファッションと関わりが深いですよね。


「Wikipediaより引用」

金星(お金・異性・恋愛・キラキラしたもの)に火星(行動・やるき・衝動)が乗っているわけですから、まぁそういう事です。

ロックにありがちな『酒・女・喧嘩』というのは、この星の世界観でしょう。
ド派手に喧嘩して、酒を飲んでは暴れ、ド派手に女遊びをする、それがかっこいい、的な。どこか憎めない無邪気さがあるのです。

男性なら女好きで軽い浮気とかノリでやりますが、無責任。
(90度の東出昌大さんはわかりやすいタイプですね)

女性なら男性の見た目を非常に重視します。
年齢が上がると、見た目から男性のお金に変化します。

お金儲けに必死になるのは、金星×冥王星ですが、
こちらは派手に使う方が好きって感じでしょうか?

お金がほしいから何でもやる、的な。ノリが子供っぽい。
お金絡みで変な動きもしやすいですね…。
心が清らかアピールしてても、結局は『お金』
深く関わるといつもそう。両親もお金でいつも揉めていましたし…。

主には男性に当てはまりますが、女性は異性(恋愛)が大好き。

このアスペクト持ちで『俺は全然エロくないです』みたいな人は地雷。
蓋を開けるとかなりやばい可能性があるので、気をつけましょう。

このアスペクト持ちで『俺はエロいです!』とアピールする人は、
まぁ嘘つきではないですね。このアスペクトは面白い性格なのです。
そういうバカっぽい面も含めて可愛いなって思える女性には最高に面白い男になるでしょう。

要はかまって欲しい人々です。
反応して欲しい、注目されたいというのが動機になっています。
派手な演出を好みますが、中身がないと評価されやすいです。
(0度の小泉進次郎さんはまさにそんな感じですね…)

何事もやりすぎてしまう傾向があり、サディストの星です。
凶悪犯罪はこのアスペクトが引き金になりやすいと言われています。

特にチャートの金星×火星0度持ちで、土星(0度、180度、90度)がある場合、かなり気をつける必要があります。代替え現状が起きるからです。

アドルフ・ヒトラージム・ジョーンズ麻原彰晃酒鬼薔薇聖斗など。
Sの語源になった、マルキ・ド・サドも持っています。

特にヒトラーとマルキ・ド・サドはチャートが似ており、よく比較されます。
どちらも金星×火星、火星×土星を持っており、金星×土星もあるため。
金星×土星も恋愛や女性観に歪みが出ます。

冷徹でもっとも残忍な暴力性、火星×土星

攻撃や暴力の火星に、冷淡で残酷さが加わる土星を持つ、火星×土星

いわゆるサイコパスと言われており、加害に対し罪悪感がなく冷淡そのもの。
人の心に全く無関心で、西洋でも恐れられているアスペクトの1つです。

日本人はサイコパスが多いと西洋の文献に書かれていたのですが、
このアスペクトの傾向は日本人っぽいな、と感じます。
(文献を失念しましたが、見つけ次第参考資料で提示します)

『異常だな』というレベルの”弱い者”いじめや傍若無人な態度が平気でできる人は、ほぼ持っていました。非常に鈍感な感性で色のない世界を生きています。

何より恐ろしいのが『嫉妬心』で、自分より恵まれた人が許せません。
彼らの恐ろしさは、あいつを潰したい!という尋常じゃない冷徹さと嫉妬心です。

上の画像のような人相、やる気がない雰囲気を漂わせているのが特徴。
モノクロの服を好み、ファッションセンスがない(嫌う)など…
色彩センスがなく、表情は乏しく暗いので、性的魅力に欠損感を持ちます。
(90度のビリーアイリッシュはわかりやすくこの星の女性っぽい。男性はぬめっとした気持ち悪さがあります)


「Wikipediaより引用」

ビリーアイリッシュは昨今、容姿の変化も人間としての成長も著しい方で、この星の呪いを自分の力で突破した勇敢な女性です。
日本人なら堀江貴文さんがわかりやすいですね。20代と現在では全てが違います(20代の頃はこの星っぽい独特の容姿をしています)彼もこの星の呪いを自力で突破した勇敢な男性で、この星特有の問題を冷静に理解した発言が目立ちます。

この星は火星(元気さ・色彩センス・表情の豊かさ)に土星(欠損)が乗っており、元気な人や笑顔な人を見ると劣等感を持ち、強い暴力性(火星)を向けて自分を守ります。

ただ問題は自分にあるのです。認める強さが要求されています。
自分の弱さと向き合う必要があり、他人に劣等感を投影してはいけないのです。

彼らの加害の動機はいつも同じ。
『ライバル心』と『嫉妬心』です。

しかし彼らには火星(仕事や性的な魅力)に土星(欠損)が乗っており、仕事の能力がないか性的な魅力がないという劣等感を運命的に持ちやすいのです。

高確率で性的魅力の欠如というエピソードを持っており(芸能人でも多い)
男性は特に女性から避けられている人が多いですね…。

『仕事』と『モテる事』に関して、人生の憎しみとエネルギー全て使っているのでは?という感じ。

この星がある人々はとにかく『陽キャが嫌い』

劣等感で絆を深める傾向があり、下を向いた不幸そうな人が好き。
大体この星が集まると病的な悪口と愚痴が始まります。

嫉妬や妬みのターゲットは、若くて有能な人、美人やイケメン、陽キャ。
要するに火星が強い人に一方的に敵意を向けてくるのです。
ただ一般的に特殊な感性で、共感し合えるのは火星×土星同士だけ。
基本ビジネスライクですし、お互いビジネスライクの方がいいかもしれません。

この星からのいじめの対処法は『社会的な圧力』
要するに大騒ぎされたり、裁判になると急に縮こまり怯えます。
火星に土星が乗っているわけですから、実は非常に弱虫。

下だと思っていた人間にいつか復讐される可能性がありそうです。
手痛い仕返しをくらう人を割と見かけます(余談のエピソードもそうですね)

このアスペクトは自殺との関連性でもよく出てきます。

0度を持っていた元彼も、過去に1度自殺未遂をしていますし、知人でも数名0度の方で若い頃に自殺未遂を経験している方がいます。

この辺はデリケートな問題ですし、理由は様々でしょう。
筆者の周囲に限定しますと、劣等感と焦燥感が原因になっていました。
人と自分を比べてしまう、という事ですね。

自殺でお亡くなりになられた渡辺裕之さんが、火星と土星蠍座の0度扱いです。
自殺に関しては土星や火星が絡むケースが多い気がします。

また仕事(火星)に欠損感(土星)があり、権力者に媚びる事で出世を狙います。
これは男女共通の傾向です。
権力者に引き上げられて出世をした芸能人が多く持っています。

女性は火星(性的な事)に冷徹さやドライさ(土星)があり、色恋営業を戦略にできる場合も…(海外では0度のリアーナがそれでのし上がったと元彼にディスられていました)

卑屈なくらい権力者に媚びるのですが、薄っぺらい褒め言葉ばかり並べるので、ビジネスマンからは割と違和感や不信感を持たれやすいです。
賢い人が「じゃあ改善点やマイナス面は?」と聞くと何も答えられません。
YESマンであり、大事なのは自分。
本質的に人を心配していないので、良い匙加減の回答や改善案を提示しません。

このアスペクトは上には媚びますが、下と思った人間には驚くほど冷徹。
人脈だけで関わる人を判断する傾向もあり、本質的に孤独。

後々響いてくるので、普段から社内で人望を築く努力をしましょう。
一度失脚したらほぼ終わりというエピソードが目立ちます。
社会的な事件はほぼ再起不能化します(どんどん暴露される)

事件やトラブルを起こした時に庇ってくれる人が現れない場合、
“そういう人”という事でしょうか…。

普段から言動に注意し、恨まれない意識を持ちましょう。
失脚してほしい、と陰で大勢から思われているかもしれません。

余談

木下ほうか氏の格下女優ばかりを狙った卑屈な性加害事件(週刊文春/外部ページ)が問題となっております。
彼は火星と土星が水瓶座で『0度扱い』です。
筆者の研究上、0度と同じ性質を出してきます。

先日、事務所解雇と活動無期限休止が発表されました(外部ページ)この星の『社会的な事件はほぼ再起不能』の発動です。
周囲の関係者の暴露が止まりませんね…。
人望がなく、失脚して欲しい人が山ほどいる星です。普段から立ち振る舞いにはお気をつけください。

またほんこんさんから、彼と懇意の芸人としてカラテカの矢部さんの名前が出て調べたらやっぱり火星×土星90度持ち(金星×火星0度も)この星はホントこの星でしか固まりません(こうやって暴露されるのも彼に人望がないからでしょう)

また90度にはゲス不倫の川谷絵音氏、多目的トイレ不倫の渡部建氏がいます。川谷さんはもう名前のセンスと顔だけでこの星があるのがわかります。不倫相手のベッキーが0度。この星同士のカップリングは色々と歯止めが効かなくなります。人相、センス、服装、雰囲気も独特でわかりやすい星でもあります。

外と内側の性格の違い、世間にバレた時の印象の落差、格下には冷徹さを出すところ、その後の展開に人望のなさが垣間見えます。そもそもゴマスリで出世している場合、失脚したら終わり。この星は立ち振る舞いに気をつけましょう。

渡部さんの根底にあったのは『女性への恨み』でしょうか。女性を恨む男は仕事ができませんし、失脚しやすいですよ。金にも汚いですし。

今回の一件で色々な勉強ができたのではないでしょうか。
女性への被害妄想的な恨み、失脚した自分を裏切らないで守ってくれる妻、女性への考え方もきっと変化が起きたと思います。

佐々木希さんは家族を何がなんでも守る!という月×火星60度を持っています。強くて勇敢な人なのでしょう。妻が別人なら再起不能だったと思います。

この星は『問題の根底は自分』と認め、自分と向き合う必要があります。
関係ない女性を巻き込んで恨みを晴らすのは無意味な行為です。

また別の運命として、家父長の残酷な犠牲者というものがあります。
最近メディアで話題の小林麻耶さん、妹の麻央さんはどちらもこの星を持っています。運命的に家父長制の犠牲になりやすい人です。

逆に海老蔵さんの方は、金星×土星があり、運命的に女性からの愛情を得られない(足りない)というエピソードが幼少期にあった可能性があり、土星絡みですから、恋愛観や女性観が歪んできます。

この星は本質的に男性にドライな視点(性的にもドライ)があります。
これを男性側が敏感にキャッチする事が多く、相談でもこの星を妻が持っていると寂しさから男性側が浮気に走る傾向が見られます。

この星はこの星同士じゃないと一方的に疎外感を持つようです。逆にこの星同士だと一心同体になったり、家族でも仲が良かったりします。

女性の場合、男性(火星)に対し冷酷(土星)な可能性を示唆します。

ハニトラ、色恋営業、保険金殺人など…。
男=金や権力の道具という世界観から、男性を殺した女性犯罪者が多く持ちます。

婚活連続殺人事件で有名な、木嶋佳苗が火星×土星120度。
関西青酸連続死事件筧千佐子も火星×土星120度。
尼崎事件角田美代子が火星×土星90度です。

不思議なのですが、この星の人は金星×火星を持っている人を好みます。
この2つは『お金』と『支配(刺激)』でお互い興奮できる性質があるのかもしれません。

男性の場合は、特定の女性へ異常な執着を持ちます。
元々偏執狂的で、こだわりが女性に向かうとこうなります。
プラスに運べば、フロイトのようにもなるのでプラスに使いましょう。

特に金星×冥王星のアスペクト持ちだと女性に向かう危険が増します。
常軌を逸したストーカーにならないよう、自制心を持ちましょう。

女性に対する不信感も根底にありそう。自分のこれまでを振り返るといいでしょう。

これは男女共通です。
そういうエピソードを語るアーティストが多く持っています。
(海外ではビリーアイリッシュ、リアーナなど)
これは運命的に男性(火星)から抑圧(暴力)を若い頃に受けやすいからです。

また男性は女性よりもさらに複雑で、男性性への劣等感(或いは嫌悪)の正当化が起きます。
筆者の知り合いは過度な筋トレで男らしさを身につけようとしたり、或いは男性嫌いであったり、男性性の否定であったり、女性へ暴力性を向けて自分に足りない男性らしさを誇示しようとしたり、様々な複雑さが出てきます。

ただ根底には火星(男性性)の弱さや欠損感が原因です。
また異性愛者なら、特定の女性への異常な執着心があり、恋人でもないのにSNSを監視する傾向が見られます。

筆者が去年一瞬関わった0度の男2名も、筆者にしつこく付き纏っていました(SNS上ですが)。その内1名が過去女性へのストーカーで逮捕されています。にも関わらず女性側を憎む暴力的な言動が酷く、昨今まず出会えないってレベルの狂人。
しかし彼は父親がいないというのがあり、根底には男性への恨みと歪んだ男性観があった気がします。こうした家父長(土星)が絡むような怒りの問題(火星)が根底に発生する場合もあります。でも自分で気がついて、火星の弱さを乗り越えるしかない星です。

余談

一貫してモテない事をアピールして出てきたゴールデンボンバー
筆者は最初から彼らが怖いと思っていました。
女性とイケメンへの強い憎しみを歌詞に感じたからです。

鬼龍院翔さんが0度、歌広場淳さんが90度、ダルビッシュさんが90度です。
このアスペクトは社会性を重視しますから、ゴマスリと良い人ズラだけは得意です。しかし内面は計算高い、冷徹な面を持っているのです。この星で、卑屈なくらいゴマスリや良い人ズラする人には注意が必要です。

また鬼龍院さんは初対面時から歌広場さんとは幼馴染のように意気投合したと言っていましたが、そうでしょう。この特殊な世界観を共有、共感し合えるのは火星×土星の人達だけだからです。

横で暴力を煽る、虐待と支配が好きな金星×火星ですが、喜矢武豊さんが0度を持っていますし、歌広場さんは金星と火星が獅子座ですから、0度扱いです。女が好きでしょうねぇ…。彼はストーカー星の金星×冥王星90度もあります。大好きな女性を支配して中絶させる事に性的に興奮してたかもですね。

筆者の経験上、この星は本当にこの星で集まります。
まさに絆の深め方も想像がつく、典型的なパターン。すごく仲がいいでしょう。

今回の女性トラブルで世間は(印象が変わった)と言っているようですが…
筆者にはこちらの方のイメージがしっくりきます。


Wikipediaより引用」

ただ彼らが並んだ時に歌広場さんだけ(筆者には)オーラが黒く、重い感じがして、最初から一人だけ浮いていたので、他の3名は普通だと思います(ダルビッシュさんはこの中だとオーラが綺麗だと思いますね)オーラの黒さは写真より映像の方が分かりやすいです。女性ならみればわかるでしょう。2010年代前半と後半で不気味さが違います。
まぁバンドマンとはそういう存在で、バンギャも男への理解力が高いですから、ある意味で特殊な世界で納得している面もあるのでしょう。

ただ彼らのV系のかっこいい男性へのコンプレックスや嫉妬心の内包は攻撃的とも言えますね。火星が強いです。本当に心から尊敬していれば、リスペクトは伝わりますが、筆者にはそれが全く感じられません(馬鹿にしているのは伝わってきますが)
V系の様式美を面白おかしくダサい人に仕立てる事で、復讐しているようにも見えました。

しかしV系というジャンルを潰す事には成功したと思います。
もう誰もがV系をかっこいい人々とは思えないでしょう。やりたがる若い世代も出てこないでしょう。

このアスペクトのあいつを潰したい!という尋常じゃない劣等感と暴力性の負の側面、良い人ズラで世間相手に上手にやる姿勢がバレた時の内外の落差。このアスペクトの非常にわかりやすい特徴を捉えた事件であったかもしれません。

ただ世界中の音楽を聴く筆者としては、日本を代表して世界に売り出せる唯一のジャンルがV系なのです。世界中でどれだけ需要があるか知らない日本人が多く残念です。世界に誇れる日本人だけの独自性はたくさんあります。日本独自の文化をもっと褒めて育てていけるといいですね。

日本は自己肯定感が低い国です。
それが本人の問題ではなく、伝承として下の世代に伝えている事に問題を感じます。

要するに劣等感が強い人は人を褒めません。
いつも否定する箇所を探しており、何が何でも否定したがります。

日本人を見てると、彼らは絶対に褒めませんよね?
『◯◯はいいと思うけど、ここはまだまだダメだね』
こういうパターンの大人をかなり見かけます。

哀れというか…自己肯定感が低いんだなぁと感じます。
その人が何を否定するかで、欠損している部位がわかります。

筆者は極力人のいい部分を見つけて褒めるようにしています。
日本人は褒める事とゴマスリの違いを理解していない方が多いです。
いい部分に気づいて欲しくて伝えることは、相手に渡せるギフトなのです。お互いがハッピーで嬉しいですよ。

ぜひ自分の周りから『褒める習慣』を始めませんか?
これは自分にとっても、周りにとっても心が豊かになるメソッドです。

酒鬼薔薇聖斗はかなりタイトな0度、
アドルフ・ヒトラーと(アウシュヴィッツ強制収容所で非人道的な人体実験を行った)ヨーゼフ・メンゲレは火星×土星90度。
性的異常者のシリアルキラー、テッド・バンディが120度。

まとめ

(1)まず人の気持ちが理解できないから人へ加害できる。
(2)暴力に快感を覚えるアスペクト(金星×火星)が引き金になる。
(3)劣等感や嫉妬心(火星×土星)が冷酷で残忍な暴力に走らせる。
(4)暴力に無感情になれる(火星×土星)ので、潰すまで加害できる。
(5)同じ性質同士で固まり、無自覚に暴力性が悪化する。
サイコパスとは『他人が認定する』ものです。

当然ながら自分がサイコパスだと誰も思ってません。
いつも自分は正しい行いをしている良い人間だと思っています。

プーチンも、ヒトラーも、酒鬼薔薇聖斗も、
自分は正しい事をしていると思ってやっています。

世間を震撼させる事件を起こして、社会的に断罪されて初めて、
(え…この感性ってやばいの?)って感じなのが、サイコパスです。

本人に何を言っても無駄という事です。関わらないのが1番。
毒親なら縁を切る。いじめなら転校する。友人関係なら疎遠になる。

やばいなと感じたら対処法を見て、そ〜っと距離を取ればOK。
同じ世界観の人間同士が繋がっていくので、同じアスペクトで固まるようになっています。

とりあえず本当に怖いのは裏表が激しい人。いわゆる土星系、冥王星絡みです。
外面がいい人と権力者へのゴマスリ、取り巻きですね。

ただ誤解がないように意図を話すと、
これはリスクヘッジであり、断定ではありません。

人間とは必ず悪い面を持った罪深い生き物です。
ですからアスペクトだけの問題じゃなく、それを含めてどう関わるかの提案でしかありません。

人間関係とは距離を持てばうまくいきますし、
本質的に個人主義者がもっとも人生のゲームで強いのです。

そもそも似たような性質同士が仲良くなります。
火星×土星の周囲は火星×土星が集まりやすいです(夫婦揃って持っていたり)
ただそれでいいのです。居心地がいい同士勝手にやればいいと思います。

ただスケープゴートにならないための対処法を知っていれば(可哀想な人だな…)という視点になり、攻撃力を0にできるのです。プラスの視点でご活用ください。
最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

これらはあくまで『統計上』です。
その人の運命や性格はホロスコープ全体で見る必要があり、どんな人にも良い点と注意すべき点があります。
特に今回は人相や土星の扱いを理解していない人には読み解けないものです。

あくまで実際の人間関係と、西洋の占星術を組み合わせたデータを元に構成しています。この星があるから全てこの傾向が出るわけではありません。人相をきちんと見る必要があります。

特に火星×土星の方は、上記を気をつけておけば仕事でリスクヘッジできます。
とりあえず仕事で困難が起きやすいので慎重に行動しましょう。
全ては自分次第です。一つの参考にしていただけると幸いです。

PR