注目キーワード
  1. 余談
  2. YouTuber
  3. 世代

【LGBTQ+】トランスジェンダーの恋愛、相性はどう占うの?【占星術・リクエスト】

女性が好きなタイプを見るときは火星。
男性が好きなタイプを見るときは金星を見ます。

これは占星術の鉄則であり、全世界共通です。
ではトランスジェンダーは?
筆者へのリクエストで多かったのはLGBTQ+に関する質問でした。

どれくらい一般的な方が理解しているかわかりませんが、
トランスジェンダーや同性が好きな女性はかなり多いです。

占星術師としてこういった話題に対応できる方が国内にほとんどいませんので、
今日はそのあたりを記事にしていきます。

ただ人それぞれですから、筆者独自の考察です。

同性同士の好きなタイプを見る

まず筆者の説明をすると、初恋は女性でしたが男性とも付き合ってきました。
本質的には女性という生き物の方が好きですが、
考え方は男性の方が理論的なので、男性と話す方が楽という感じ。
ただ恋愛自体に興味関心が低いのと、自由を愛しており孤独を好みます。

まず筆者のようなトランスジェンダーかつ、バイセクシャルの方は、
好きなタイプで男女差が現れる方が多いようです。

女性が好きなタイプを見るとき、火星は重要なポイントですよね。
筆者は火星が火のサインなので、確かに元気な人を好みます。
正反対の性質である、水っぽい人に惹かれることはまずないです。

ただこれはあくまで『雰囲気(見た目とか)』
こうした性質的な好みは火星に出ると思いますが、いかがでしょうか。

ただ好きなタイプの性格が大きく違うように感じます。

男性は乙女チックで、優しくて思いやりのある人が好きで、
星座で言えば、蟹座の男の子。シャイですぐ落ち込み、感情的で繊細。

女性は女王様のような、強くて頭が良くて好戦的な女性に惹かれます。
星座でいえば牡羊座で、挑発的で自分の意見をはっきり言い、落ち込んだり面倒な面が一切ない人。

性格には、かなり男女差が現れていますね。
何故なのか考察していきましょう。

まずLGBTQ+の場合、伝統的な占星術では対応できません。
ですが、天体ごとに対応しているのではないか?と感じます。

たとえば女性のタイプを見るなら、月の状態を見ます。
サイン、アスペクト、ハウスを見てみましょう。

筆者の場合、月のサインはあまり当たっていません。
その要素が自分に強いだけで、相手には求めていません(むしろ嫌い)

ただ月のアスペクトは重要です。
月×火星0度月×天王星0度で、頭が良くて闘争心がある女性を好みます。
おそらく筆者が男性なら、こういうタイプを妻にしたがるのでしょう。
そのまま理想の女性像に合致します。

ハウスは12ですから、精神的なものを求めています。
結論があるわけでもなく、実態があるわけでもない。恋愛観に近いですね。
4、7ハウスにはなにもないので、恋愛や結婚は本質的に興味ありません。

トランスジェンダーの好きな異性とは

まずLGBTQ+の人々と接していると、考え方が多種多様だと気がつきます。

これはとても複雑な問題ですし、全員がそうではありません。
私たちの世界には多種多様な感性、多種多様な愛の形があるのです。

人類の進化の過程で説明がつく、教科書的なものは存在しません。

自分を女性だと思って男性が好きな男性もいますし、
自分を男性だと思って、男性が好きな男性もいますし、
自分を人間だと思って、相手の性別を意識しない人もいます。

男性だけど男性が好きなのは、根底に女性嫌悪がある場合もあります。

ただ自分が接してきた同性が好きな女性の多くに、『男性が嫌い』という、
独特の嫌悪感がある方が割と目立ちます(筆者もそうです)

男性性への嫌悪は実は珍しいことではなく、
科学的な実験でも、女性は男性には性欲を持たないことが実証されています。
要するに女性は『性別を重視しない』割合が、男性より圧倒的に多いという事です。

男性に恐怖や嫌悪を抱くエピソードを持つ方も割と多く(筆者もそうです)
とても複雑な感情を抱きつつも愛を探している人々が多いのです。
ですから、一般的な占星術師には恋愛の相談をしたくないLGBTQ+の方は割と多いでしょう。悩みのベースにはもっと複雑なものが隠されているからです。

この辺は複雑すぎて理解されないでしょうから、この辺で。
とりあえず、こういう多種多様な世界観がベースにあることだけお伝えしておきますね。

こちらはかなり不思議です。
元々、男性があまり好きではないというのが根底にあるのと、
自分が女性である、という性に関する違和感もあるからでしょう。

まずLGBTQ+の場合、伝統的な占星術では対応できません。
ですが、天体ごとに対応している可能性があると筆者は考えています。

まず男性のタイプを見るなら、太陽や火星の状態を見ましょう。
サイン、アスペクト、ハウスはどうですか?

筆者の場合、太陽のサインは信頼感があると感じます。
その要素が社会で必要で、それを持つ男性への信頼感に繋がるのです。

太陽のサインから見て、情熱的とか感情的な男性は信頼できません。
火星が火のサインで、火に惹かれていたくせに、信頼できるかどうかを意識した時に火のサインの男性にはもっとも不信感を持つ訳です。

太陽とのアスペクトは0度が1つ、60度が3つ、90度が1つです。
やはりアスペクトが重要だと感じます。

太陽×金星0度ですから、女性的な感性が発達した男性を好みます。

太陽には海王星が90度ですから、夢みがちで優しい男性が好きでしょう。
ただ90度というのは失敗を意味しており、男の見る目がないという感じ。

信じてはいけない男を信じて、信じた方が良い男を信じないと言う現象が起きてきやすいアスペクトです(故に色々人間不信になる出来事に遭遇しやすい運命があります)
夢みがちな女性が心底苦手であったのに対し、夢みがちな男性はOKというのは、ここが強いのではないでしょうか。

また男性を見る場合、火星が重要です。
火星×天王星0度ですから、頭が良い事は絶対条件になります(あるいは個性がすごい人、理論的な人、斬新で進歩的な価値観の人)

火星は火のサインですから、男性に対してはオープンマインド。
全く緊張しませんし、気さくに接する上に男性らしさに寛大です。

ハウスは月と同様で12ですから、男性には精神的なものを求めています。
結論があるわけでもなく、実態があるわけでもない。恋愛観そのものですね。

4、7ハウスにはなにもないので、恋愛や結婚には興味関心を持ちません。
筆者は愛は幻だとの結論に至りましたが、それは12ハウスの世界観のせいかもしれません。

人間の根源的な欲望-リリスとドラゴンヘッド-

日本では小惑星をほとんど重視しないようです。
しかし人間の根源的な欲望を見る際に、リリスは絶対に外せません。

相手の不可解な行動の全てがリリスで説明できるからです。

(安っぽいマーケティングを駆使して人をはめるのが好きだな…)と感じる人は双子座リリス持ちが圧倒的に多いですし、
構ってちゃんや被害者意識が強いのは蟹座リリス魚座リリスに多いです。

最初にわかっていれば、その人のダークサイドをリスクヘッジできます。

リリスの研究は色々しており、リリス絡みの恋愛が制御不能になりやすいのは実体験で理解しています。やはりリリスとは強い魅力なのです。

またその人のドラゴンヘッドは『どうしても獲得したいもの』です。
リリスとはまた違いますが、強い影響が人生で出てきます。

ですから金星や火星だけで恋愛、月と太陽で結婚を見るのはもう古いのかな?と感じます。

世界的にも結婚や性別の概念が崩壊しています。
いい年齢になれば愛は幻で、いつか消えるものと理解するようになります。
(科学的にも愛は3年しか賞味期限がありません)

愛を幻にしない要素として、魂のレベルでの欲求があると筆者は感じます。

おわりに

いかがでしたか。
LGBTQ+のことを全く知らない、社会で接したことがない世代の方に(少しでもプラスに)伝わればいいなと思い書きました。

そもそもトランスジェンダーに懸念を持つ、J・K・ローリングの意見を踏まえて、
我々がすべきことは説明であり、相互理解(話し合い)が必要であると思っているのです。
(詳しくはキロン×土星の余談で書いています)

【土星とキロンのアスペクト】自己評価が低く、仕事と秩序を追求するのは?【カイロン・ネイタル】

我々の世界は精神の世界でもあります。
性別だけで判断できないので、性別だけで判断する占術(火星や金星)はあまり当てはまりません。

蠍座世代がジェンダーの壁を壊すと言う使命を持って生まれてきたので、この流れは必然です。今後は射手座世代が知性として性を昇華させるでしょう。

また何かリクエストや感想があればぜひお寄せください。
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

PR