【火星×牡牛座・男性】体の相性と隠れた性癖・性格とは【SEX占い】

当サイトは「モテる」で検索してくる方が多いのですが、モテは天王星が支配しています。

モテとは自立して、理論的に異性を理解しようとする事、変化や刺激を関係性に取り込む事で手に入ると(占星術上)解釈できます。モテる人は刺激があって面白い人です。

そしてモテない人は退屈で面白い発想力がない人です。
幼稚で理論的思考力が乏しく、現実の経験値も乏しい。都合よく思い込みで解釈し、理想と違うだけでヒステリーを起こす…。これは海王星の特徴と一致します。

日本人は海王星系なので、初期装備で非モテ。恋愛に関してうまくいかない事が多いと感じます。こちらも併せてご覧いただけると幸いです。

【海王星の国・日本】愛も金も夢も幻…最凶のペテン師、海王星とは?【人相学と占星術】

SEXシチュエーション&性感帯&テクニック

★火星牡牛座/好きなシチュエーションと性感帯

牡牛座の守護星は金星です。
快楽主義的で官能的。SEXが大好きなのが、火星牡牛座の男性。

またあまり活動的ではないので、一旦所有すると手放したがりません。
持久力があり、恋愛に冒険は求めず、安定と安心を必要とします。
また非常に頑固で、柔軟性に欠けるので変化が苦手。
五感が発達しており、自然(環境)、人々、芸術に高い感度を持ちます。

そんな彼らの好きなシチュエーションは「一対一」
ゆっくり親密になりたいのです。

火星牡牛座の男性は「待ちの姿勢」です。
怠け者というわけではなく、内向的で安定思考。
のんびりとしており、控えめでしょう。
エネルギーを浪費することを嫌う傾向もあります。

またSEXはゆっくり楽しみたい派。
金星が守護ですから、官能的です。
お菓子を食べながら楽しい会話をし、くつろぐ事が至福。
ゆったりと愛の時間を育てるので、スピード感のある人は苦手です。

太陽or火星牡牛座の男性は「一対一の会話」が好きですね(経験談)
ゆっくりお互いの話をして、分かち合う。
現実的な話ができる、趣味の感性が合う、信頼できる、など。
地に足のついた会話、信頼に関する話題が好きだと感じます。
ただ感情面で非常に鈍感。内面に無頓着ですね…。
結局自分の感情も、相手の感情も、本質的には理解できていません。

また牡牛座の性感帯は「耳と喉」
喉はいわゆる食事。性的な意味では耳や首筋にキスなど。
そもそも牡牛座はマッサージが好きですね。
耳をマッサージしたり、抱き合って首に頬をスリスリも楽しいかも。
皮膚や五感を刺激する事が好きです。

基本、スピードが早い事、不安定な感じが大嫌い。
刺激とかスリルとか、(憧れてても)基本は苦手。
大人で安定感があり、現実認識力が高い人が好きです。

★火星牡牛座/好む下着やゲーム

牡牛座の守護星は金星です。
ロマンティックな星座ですが、土の星座は大袈裟な事は苦手。
快楽の為にはエネルギーを使いますが、物事の仕組みには無関心です。

またカジュアルを好み、ラグジュアリーは苦手。
下着もセクシーすぎない、派手すぎない方が好みです。
肌の接触に興奮するタイプなので、ベッドで下着はつけなくてもOK。
大事なのは現実なのです。

好きなゲームは「マッサージ」
何気なく人に触れる事を好み、とにかく肌の接触が好き。
ハグ→キス→マッサージ→SEXでOK。
大袈裟な演出はNG。素朴な温かみが大好きです。

風と違い「プレイ」的なものに参加させられる事、
火のような「情熱的で武闘派」は、ちょっと…。
ベッドを居心地の良いのんびりした楽園にしたいのです。

★火星牡牛座/苦手な事、配慮すべき事

期待しない方がいいのは、柔軟な対応。
頑固で、自分がこうだと思ったら意見を変えません。
しかも一回キレると最後。大爆発します。

変化に柔軟に対応させる事、テンポの早い会話はNG。
マルチタスクも苦手かもしれません。
惑星でいうと、火星×天王星女子が嫌い。
高速の理論攻めとかにはブチギレる可能性も…。

セカセカした行動に付き合うのも、内心うざかったり。
心では(もう休もうよ〜)的な。
ぶっちゃけ、家でDVD見てゴロ寝したい。

何事ものんびりを身上とし、無理をしない。
どの道早いテンポに付き合えない事を自覚しています。
好きなのは家か自然のある場所。一対一の会話。
基本、不安になる事全般が苦手。安心感が欲しいのです。

深作欣二(映画監督)、山下智久ジェシー(SixTONES)、カニエ・ウェストイチロー瀬戸大也(水泳選手)、後藤洋央紀(新日本プロレス)、清水翔太

男性の金星で見る、支配欲と浮気の危険度!

伝統的な占星術では火星で男性を、金星で女性を見ます。
この2つの惑星はSEXを表しており、火星に金星とアスペクトを築く男性は非常に性欲が強いですし、女性への支配欲も強いです。

また非常に子供っぽく、無責任な火遊びを平気でする事があります(盛り上がっている時の追いかけ方、情熱は凄いけど、飽きるのも早い)

全部情熱なので、情熱が冷める(=飽きる)とすぐ終わる可能性も…。
情熱が冷めないために、エロへの情熱が女性側にも必要かもしれません(あと刺激)

こちら↓で詳しい解説記事を書いています。

【サイコパスのアスペクト】虐待と支配の金星と火星、冷徹で残酷な火星と土星【占星術】

アスペクトになる角度は調べる必要があり、表は目安です。
(詳しくは自分で調べるか、鑑定の依頼が必要です)

【牡牛座火星×男性の金星別】
浮気の心配&支配欲が強い男
【火星・牡牛座】

【金星】牡牛座
→超エロい!刺激がなくなると浮気
>>詳しい解説はこちら
【金星】蠍座
→かなりエロい!浮気が本気に!?
>>詳しい解説はこちら
【金星】獅子座・水瓶座
→刺激大好き、浮気注意!
>>詳しい解説はこちら
【金星】乙女座・山羊座
→エロい事大好き!レスになると浮気注意
>>詳しい解説はこちら

男性の月星座で見る、性欲の強さと結婚後!

伝統的な占星術では月で家での姿、妻との関係性を見ます。
火星は闘争心や暴力を表す不吉な天体で、扱い次第では悪くも働きます。
月と火星にアスペクトを築く男性は、非常に怒りっぽく闘争心旺盛。性欲も強いです。

他に土星や冥王星が絡む場合、家庭内暴力にも発展する可能性がありますが、月×火星単体では非常に情熱的で、家族が大好きな人となります。

暗い女性が大嫌いなので、家の中では笑顔で楽しい会話を心がけましょう。
火星は甘ったれてる人を嫌う傾向があります(牡羊座絡みも)

アスペクトになる角度は調べる必要があり、表は目安です。
(詳しくは自分で調べるか、鑑定の依頼が必要です)

【牡牛座火星×男性の月星座別】
情熱的&性欲が強い男
【火星・牡牛座】

【月】牡牛座
→超強い!家族を守って戦う気満々!
>>詳しい解説はこちら
【月】蠍座
→かなり強いし、喧嘩っ早い!
>>詳しい解説はこちら
【月】獅子座・水瓶座
→超強いし、怒りっぽくてやばい!
>>詳しい解説はこちら
【月】乙女座・山羊座
→強い!家族を守る頼れる男!
>>詳しい解説はこちら

金星×火星のアスペクトで見る、体の相性

筆者の経験上、これは一目惚れしやすいです(天王星が絡まないのに)
特に男性にとって性欲は非常に大きなファクターです。
ただ女性は生物学的に男性では発情しないと言われています(※参考文献参照)

女性が男性に好意を持つ場合、安心感がベースになりやすい。
女性の火星と男性の金星では、触れたら気持ちいいという反応は女性側もあると思います。

女性がSEXをさせてくれるのは、男性が安心できる存在だから(+愛があると思い込んでいるから)と生物学上は考えられています。ですからこのアスペクトは女性にも安心感で威力を出すでしょう。

ただ残念ながら男性側は、単純に魅力的な個体なら誰とでもSEXします(愛とSEXは別物)

この金星×火星の場合、そうしたリスク的なものを女性は念頭に置く必要があるでしょう。
また女性側が男性に魅力を感じなくても、男性側が気持ちよくて(性欲を刺激され)追いかけてくる事はあります。女性側が気をつけた方がいいと思います。

★体の相性とは?
これは「肌」の相性になります。
SEXの内容は、金星同士&火星同士の相性も影響します。

アスペクトになる角度は調べる必要があり、表は目安です。
(詳しくは自分で調べるか、鑑定の依頼が必要です)

【牡牛座火星×女性の金星星座別】
体の相性(肌の相性)
【火星・牡牛座】

【女性の金星】牡牛座
→超強い!一目惚れし合うかも
【女性の金星】蠍座
→かなり引きが強い!追いかけてくるかも
【女性の金星】獅子座・水瓶座
→男側がエスカレートする危険!(或いは嫌悪感を持たれる)
【女性の金星】乙女座・山羊座
→強い!スキンシップ大好き

日本人にとって「愛」とは何なのか?

筆者は西洋人と日本人の「愛」は別物だという視点を持っています。
日本人が西洋人のモノマネをしてもうまくいかない理由と、日本人の愛は自己愛ではないのか?という記事です。

【愛は幻?】愛を説くキリスト教、愛は自己愛と説く仏教【ブッダは天王星マインド】

★火星は性的な魅力

また火星が弱い人は性的な魅力に乏しくなります。火星が弱いと表情が乏しく、性格も暗く、存在感もなくなります。

昨今の日本人はスポーツをせず、スマホばかり見ており、火星がより弱くなっています。ただ火星とは後天的に鍛える事が可能なのをご存知でしょうか?ぜひこちらの「火星を鍛えるメソッド」をご覧いただき、面白おかしく火星を鍛えてみてください。

【火星を鍛えるメソッド】一緒にワイルドになろうぜ!【Get Wild2.0論】

【火星を鍛えるメソッド男版】ワイルドに、俺はなる!【モテる為のGetWild2.0論】

参考文献&資料