【土星とキロンのアスペクト】自己評価が低く、仕事と秩序を追求するのは?【カイロン・ネイタル】

キロンとは?

小惑星キロン(カイロン)の意味と解説【ネイタル/シナストリー】

キロン(カイロン)12星座とハウス別の意味と虐待の傷【ホロスコープ】

アスペクトとは?

ご自身の持つアスペクトは、以下のサイトで無料で調べることができます。

Astrodienst(外部ページ)

【初心者編】アスペクトの見方と意味を解説します【占星術】

アスペクトの記号図解


土星とキロンがコンジャンクション(合・0度)

このアスペクトは1966年生まれの人々が共通してもっているアスペクトになります。
非常に珍しいアスペクトで、前回は1883年〜1884年頃に起こりました。

このアスペクトは一般的に『厳格だが低い自尊心と、多くの偉業を成し遂げる』という、相反する極端な運命を背負った魂と言われています。

注目すべき点として、この世代はキロン×冥王星180度も同時に持ち、恐れの感覚、不安感から他者に自分の傷を投影させる可能性がある、とも解釈できそうです。

そしてこの60年代生まれは、天王星×冥王星0度(内部リンク)という、『古い価値観を徹底的に破壊し、全く新しい世界を作り出す』世代でもあります。

これらは(特に若い頃は)コントロールが難しいため、凄まじい破壊行動、暴力行為に及んでしまうケースも目立ったかもしれません。

暴走族や校内暴力、家庭内暴力が問題になった世代ですが、これらは『権威への反抗』『社会への疑念』『破壊衝動』という、複雑に絡み合った占星術上の影響である可能性もあるでしょう。

ただキロンには出口として、同じ異端者同士との癒し、という過程があります。
しかし土星は本来『内に籠る(抑圧する)』性質があるため、キロンの傷が必ずしも他者との癒し、という一連のサイクルには繋がらない可能性があります。

このアスペクトは、自分の親(特に父親)、社会にトラウマや傷を持っている人々かもしれません。
運命的に育った家庭環境が自分に支配的であったり、思いやりを持たれない、或いは貧困の中で育つといった、困難を幼少期に経験する可能性が高いと言われています。

そのため安全への欲求が強く、安全を脅かす者に反抗的であったり、自分自身を過度に防衛したり、自分に近づく者を拒絶しやすい傾向が多いと言われています。

視点は常に自分の不完全さや、社会の権威にフォーカスされており、何事にも批判的で、誰も近づけようとしないような、拒絶的な態度でキロンの持つ『傷』へ挑もうとしている魂です。

自分自身の中に沸き起こる安全への欲求、権威者への怒りや恐れ、伝統への反抗という異端的なスタイルで社会を変えたいと願うのですが、残念ながら向き合う必要があるのは『自分自身』である可能性があります。

キロン×土星は、『傷』に対して驚くほど『内向的(或いは抑圧的)』である可能性を示唆しており、他者への厳しさや批判精神は、内面世界の投影である可能性があります。

土星特有の低い自尊心と自己評価、生きている価値がないような、不完全さへの絶え間ない自己批判と内面的な緊張感が、『自分自身に向くことから避ける』ために、他者への批判としてすり替え、自己を防衛する姿勢に繋がっていきます。

運命的に父親(或いは権威者)が自分に厳しく冷淡で、自分の傷を表現することを許可されないような環境に生まれ育つ、或いはもっと悲惨な場合、何らかの(肉体的、感情的、精神的な)ルーラーによって虐待された(或いは彼らによって見捨てられた)経験を持っている可能性があります。

癒しの過程で必要になるのは、これらの『自分自身の傷に触れること』です。
土星の性質上、傷が内面に抑圧されており、気が付かないと永遠に苦痛の中に閉じ込められてしまう恐れがあります。

いずれにせよ最終的には自分自身の傷に触れることでしか癒されない、と自覚するようになっていくので、カウンセリングや自己啓発、哲学や心理学などを用いて、その傷に立ち向かっていくでしょう。

自分自身の傷を癒す過程で社会に居場所ができてきますが、それまでは居場所を見つける事に苦労するかもしれません。あなたにとって社会や文化、伝統や権威は、不信感や疑念がつきまとうものだからです。

傷を癒す旅路の中で、土星の制限やルールがすでに『機能しない』といった感覚に出会うでしょう。
そして社会のもっと大きな枠組みや秩序への理解、そこに囚われている囚人に、自分自身の傷に向き合うことを示せる特別(或いは異端的)な能力、使命感に目覚めていきます。

同時にそれらを通じて子供時代に誰も示してくれなかった、傷を表現する方法、自分自身への過度な批判精神と低い自己評価の傷を癒していく事となるでしょう。

ただそこに至るには、土星にまつわるあらゆる問題やテストに直面する恐れがあります。
例えば批判、悪口、抑圧、自己破壊衝動(自傷、アルコールなど)、権威者との衝突、自己評価の低さなどです。

しかしそれらの経験を通して、『囚われの身から脱出するヒント』を見つけていくことになります。

自分と同じように囚われの身の人々に脱出の手がかりを示せるかもしれませんが、必ずしも『共有』といった形は必要ないと気がつくかもしれません。

誰よりも秩序や安全に敏感で、構造への理解力で人を癒す能力を持ったヒーラーですが、残念ながら自分を秩序や安全へ導いてくれるヒーラーには出会えないかもしれません。
人に社会の構造や自分自身の手で秩序を見出す方法を教えられる人なのに、自分はいつまで経っても囚われのまま苦労させられるでしょう。

他者から見たあなたは『権威に反抗的(批判的)な冷笑主義者』、或いは『他者に自分を判断されることを嫌う人』に見えているかもしれません。

しかし囚われから脱出するには、冷めた視点や批判精神、秩序が必要だと感じているだけです。それは同じように幼少期に親や社会に冷淡に扱われ、安全を確保できなかった者にしかわからない孤独でしょう。

あなたは自分の傷に向き合うたびに強くなり、地位や権力を手にし、困難の度に人格が磨かれていきます。
何らかの形で高い地位を確立できるかもしれませんが、そこに至るには大変な困難が伴います。

人生では自分とは何か、構造やルールとは何か、秩序の必要性、権威とは何か、を探求する旅となります。
これにより独特の社会構造の理解、秩序への考え方、ルールの在り方に関する異端的な発想を持つ可能性があります。

キロンの入っているハウスの分野に根源的な傷やトラウマ、恐れがあり、その分野への取り組みや克服を通じて抑圧からの解放、秩序や構造を見出すことができれば、根源的な傷の癒しへと繋がっていくかもしれません。

J・K・ローリング(ハリーポッター作者)、小泉今日子さん、カート・コバーン(ニルヴァーナ)、吉井和哉さん(THE YELLOW MONKEY)、櫻井敦司さん(BUCK-TICK)、ハル・ベリーココ・シャネル(CHANEL創始者)、山本五十六(日本海軍司令官)、植芝盛平(合気道の創始者)

余談


『Wikipediaから引用』

このアスペクトを持つ、ハリーポッターの作者であるJ・K・ローリングのトランスジェンダーについてのツイート(BAZAAR/外部リンク)は大きな波紋を広げています。

『性別がなければ、世界中の女性たちが生きる現実も消し去られてしまう』
『トランスジェンダーの人たちを知っているし、愛しているけれど、性別の概念をなくしてしまえば、意義ある形で人生について話し合うこともできなくなってしまう』

こうした『秩序への危惧』に関して、当事者であるトランスジェンダーの筆者は、『もっともな意見である』と思います。しかし、世界中で大炎上しているのです。


彼女は過去に性的暴行の犠牲者になっており、その経験に基づき、

『こうしたことを言うのは共感を集めるためではありません。これは、私のような経験を持つ大勢の女性たち、“女性/男性専用のスペース”について懸念を持っていることで、偏狂な人間だと中傷されている人たちとの連帯感からの発言です』

といった考えを発言しています。

彼女は長年弱い立場の女性を支持し続けてきました。彼女は『これはヘイトではない』ということを説明しています(BBC/外部リンク)
しかし残念ながら、大衆の平均的知性では彼女の話は難しい(或いは複雑)すぎて意図を理解されないのか、善悪の一元論での発想なのか…。これを見ていると、まだまだ多様性に関しては慎重に話し合い、相互理解をゆっくり進める方が先である、と感じます。

ハリーポッターの出演俳優らがコメントを発表(フロントロウ/外部リンク)していますが(彼らは立場上)大衆人気に迎合せざるを得ないため、模範的な回答であると思います。しかし『自分を男性もしくは女性と言った時、それが彼らなのであり、そのように扱うべき』というのは、やや無責任に感じます。

“自分の性自認が女だから”との主張で男性が女子更衣室に入ってきたらどうしますか?そうした人が盗撮カメラを仕掛ける可能性は?こうした(現実的な)負の側面をもっと直視すべきだと感じますし、人間に関しては性悪説で考える立場です。もちろん性自認が女性なのに男子更衣室を利用するのは嫌だと言う人の気持ちも理解できます。ですからもっと発展的な議論が必要でしょう。
しかしこうした人気と密接な関係にある芸能人の政治的な発言は『最も信じない方がいい』と筆者は思っています(※後述)

人気作家であるJ・K・ローリングのこの発言は、かなり覚悟がいる(全てを失う)発言ではないでしょうか。適当に大衆人気に迎合しておけば美味しい汁が吸えるにも関わらず。少なくとも『秩序に関する特別な考え』を持っているのは確かでしょう。

トランスジェンダーである筆者は、目先のかっこよさ(進歩的だとか、今流行りだとか)に囚われたポーズの方が先行していると危惧しています。安易に何でも『YES!』だけ言っていればいいわけではありません。発言には責任が伴います。
これはトランスジェンダーの人権を無視した発言ではなく、こうした性別の概念がない事で(性的に)身の危険にさらされる恐れがある事への危惧であると筆者は思いますが、いかがでしょうか。

もちろんトランスジェンダーである筆者も、秩序を乱さないように生活していますから、生きていることを許して欲しい、とは思います。しかしながら『社会の秩序』というのは、意味があって2つに分かれ、安全が確保されている、という恩恵も理解しないといけないでしょう。いつの時代も女性性の方が受け身で不利な立場におかれるのです。彼女の発言は大変貴重な意見として受け止め、もっと進歩的な議論に発展していくことを願っています。

最近エンタメ界では、こうした戦略的にクィアを使う『クィア・ベイティング(フロントロウ/外部リンク)』が溢れています。とりあえず進歩的でかっこいい(という人に見られたい)から表面的に利用しようという、ずる賢い人々が溢れ問題となっているのです。
最近炎上した人物は、アリアナ・グランデとビリー・アイリッシュです。どちらも流行歌手で、流行に乗っかっている事が重要なポジションにいる人々です。今後はポーズでクィアを利用した人々は、大きなしっぺ返しを食う場面に遭遇するであろう、と筆者は考えています。

あくまでこれは『占星術師としての独自の感性』であることは、最初にお断りしておきますが、人気とは月(陰陽では、陰)で表し、うつろいやすく主流にはなりません。人気に飛びつけば、風向きが変わった時に崩壊する側にいるということです。これからの激動の時代において、人気や多数決に従って動くのは危険だと筆者は考えており、本質的な考えや芯(太陽・陽)が生き残りに必要だと思っています。月と大衆人気に関しては、占星術に興味関心が高い方ならおそらく納得できる部分も多いのではないでしょうか。

土星とキロンがオポジション(180度)

後日Noteで公開予定。

本田翼さん、レディー・ガガ、沢尻エリカさん、ジャスティン・ビーバー、はじめしゃちょーさん(YouTuber)、ROLANDさん(元・No1ホストの実業家)

土星とキロンがスクエア(90度)

後日Noteで公開予定。

美輪明宏さん、中島みゆきさん、チェスター・ベニントン(リンキン・パーク)

土星とキロンがセクスタイル(60度)

後日Noteで公開予定。

マイケル・ジャクソン

土星とキロンがトライン(120度)

後日Noteで公開予定。

浜崎あゆみさん

土星とキロンがクインカンクス(150度)

後日Noteで公開予定。

ブリトニー・スピアーズ、倖田來未さん、深田恭子さん、リル・ナズ・X、松本潤さん(嵐)、二宮和也さん(嵐)、滝沢秀明さん(ジェニーズ事務所副社長)、荒川静香さん(スケート女子・金メダリスト)、藤田ニコルさん、新垣結衣さん