【土星とリリスのアスペクト】権力者の支配から解放を要求する反逆者は?【ネイタルチャート】

筆者のリリスの研究ではトゥルー値を推奨しています。
ですから有名人もトゥルー値で出しています。

リリスを研究している欧米の占星術師たちもトゥルー値を推奨しており、ミーン値でネイタルを見た場合、しっくりこないと思われます。

しかし一般的にはミーン値が推奨されており、ネット上や占星術のソフトウェアは大体『ミーン値』での算出です。
調べる際は必ずトゥルー値に変更して算出してください。

リリスとは?

【占星術】ブラックムーンリリス、ダークムーンリリス、小惑星リリス【性的な魅力】

【リリス】12星座別の意味と欲望、受けやすい虐待とは?【ホロスコープと占星術】

【リリスのハウス】1〜12ハウス別の意味を解説【ホロスコープ・占星術】

アスペクトとは?

ご自身の持つアスペクトは、以下のサイトで無料で調べることができます。

Astrodienst(外部ページ)

【初心者編】アスペクトの見方と意味を解説します【占星術】

アスペクトの記号図解


土星とリリスがコンジャンクション(合・0度)

このアスペクトの持ち主は、権威者や伝統、家父長制への反抗という、リリスが与えられた暗いカルマに挑む、最も挑戦的な魂です。

あなたなりの安全への強い欲求があり、権威者や伝統に懐疑的(或いは悲観的)な姿勢を見せ、『本当にこのままでいいのか?』と必要以上に慎重な態度を示す人です。

運命的に両親や家庭環境に試練を抱えやすく、支配や虐待、権威者からの冷酷な仕打ちがその後の人生観に強い影響を与える可能性を示唆しています。

これはあなたが思いやりや権力のあり方を勉強をするために訪れる試練、と解釈すると辛い経験を前向きに捉えていけるでしょう。
リリスのサイン(星座)の資質をより陰気で悲観的にし、ハウスの分野に深刻な問題を抱えるかもしれません。

自分が親(或いは権威者)になる前に、親や権威者、或いは伝統的な組織が自分の野心を邪魔してくる運命があり、あなたなりの安全の基準や権力の在り方に基づき、それらとの戦いが人生序盤のテーマとなるかもしれません。

過激で大胆な野心と権力欲(土星)を持っており、不当に対する怒りと安全を脅かす存在へ真っ向から反抗する勇気(リリス)があるので、制限をかけてくるもの全てを排除しようとします。

それはある種、他者からは『冷酷な人だ』と言われるかもしれませんが、あなたはそうした声を恐れていません。
本能的に野心を満たそうとし、地位や名誉、富と安全を追求して生きて行く人です。

野心を満たすことを人生の理想としますので、過激な方法で地位を獲得しようとする可能性があります。
感情を完全に切り離せる冷酷さと合理性の追求、野心のためにはタブーを平気で冒せるところがありますが、感情に関しては、一種の離人症のような症状を抱える恐れがあります。

人生の充実感を得るには野心が必要不可欠で、地位や権力欲をくすぐるものを好むでしょう。
理解されないような部分に光を当てるので、権威者や伝統的な組織、或いは保守的な考え方に反発し、あなたなりの『権力の在り方』『安全への欲求』を貫く事にこだわります。

ただ恋愛や娯楽に関して、自制心や感情を切り離して考える傾向があり、喜びを極端に制限してしまうかもしれません。仕事や義務を優先し、激しい感情や喜びを本能的に避ける傾向があります。
婚前交渉を拒否したり、伝統的な女性の在り方や家父長制への反抗、その姿勢を非難する社会や人間との戦いが起きやすいかもしれません。

権力者を監視する仕事、安全管理や責任が伴うポジションにつく事で創造性を発揮する事ができ、何か感情を切り離した鋭い知性で新しい反抗と創造、勇気のある行動を取るでしょう。

伝統的な組織の在り方、権威者や権力から『安全の要求、支配からの解放』を求めるかもしれません。

人が話す事をタブー視するような話題に踏み込む事を恐れないので、権威や伝統への疑問、伝統的な組織や常識への懐疑論を主張する勇気、それらを行動によって社会に示す事で権威者から支配されている人、支配から自由になれない人々に癒しと解放を与える可能性があります。

あなたの今生の使命は、権威や伝統的な組織などの厳しい監視員です。あなたの権威や伝統的な組織への(監視する)執着は深刻であるかもしれません。

権力者の不正を許さない気持ちに妥協がなく、独立する事や解放していくことで全く新しいビジョンに辿り着けるかもしれませんが、一般的な常識での正解や合理的な説明で理解されるのは難しいかもしれません。

マイケル・ムーア(ドキュメンタリー映画監督、ジャーナリスト、政治活動家)、立花孝志さん(元・NHKから国民を守る党党首)、ブルース・リーはじめしゃちょーさん(YouTuber)、有村架純さん、滝沢カレンさん

余談

このアスペクトほど、リリスを体現している人々はいないでしょう。権威者への反抗と追放、勇気ある行動をしますが、それが今生報われるかはわかりません。

0度を持つ映画監督のマイケル・ムーアをご存知の方も多いでしょう。日本でも大変話題になったドキュメンタリー映画を手がけた人物です。
彼の権威者への反抗は徹底しています。2002年にコロンバイン高校銃乱射事件が発生したのを機に、アメリカの銃問題をテーマにしたドキュメンタリー『ボーリング・フォー・コロンバイン』を発表。この作品は話題になり、第55回カンヌ国際映画祭特別賞、第75回アカデミー賞長編ドキュメンタリー映画賞を受賞しました。
その2年後には、当時大問題となっていたブッシュ政権主導によるイラク戦争を批判した『華氏911』を発表。日本でも大ヒットを記録した同作品は、第57回カンヌ国際映画祭でパルム・ドールを受賞しました。

また日本ではNHKという権威にたった一人で反抗している立花孝志さんがいますね。彼のNHKに対する執着もすごいものがあります。NHK内部にいたからこそ感じる危機感があるのかもしれません。彼は『火星×木星90度(内部ページ)』もあるので、ギャンブル運があり目立つ行動をしても粛清されにくいラッキーなところがあります。おそらく人生をNHKの問題に費やす覚悟があるのかもしれません。

そしてYouTuberのゆたぼんさんが90度を持っていますね。彼は徹底して権威に反抗するために生まれてきた魂では?と思うほど土星や水星、天王星に集中しています。彼はとても頭が切れる人物なので、発言に権威性を持たせる為にも高等教育が必要ではないかと筆者は思います。

と言いますのも、残念ながら日本人は権威性で判断する人が多いのが現実です。内容からではなく、『その人の肩書き』で判断します。内容がいい加減で、全く根拠のない発言でも、肩書きのついた偉い先生の話しを信じますし、発言がいくら的確で正しくても、中学生の発言には聞く耳を持ちません。
海王星の国では、自分で物事の善悪を判断できません。ですから肩書き、年齢、雰囲気にふさわしい発言である事が日本人には重要なのです(芦田愛菜さんに対する国民の態度が180度激変したのは、彼女の学歴が大きいでしょう)そういった意味でも肩書きや血統による支配が横行する国と言えます。ただそれは”国民側が”そう仕向けているのです。

ゆたぼんは天王星系です。海王星の国では理解されないでしょう。
この国の人々に届けるには、海外で評価されるか、肩書きが非常に重要であると、見ていて感じます。リリスが悪く運ばないように、周囲の大人たちは彼を守ってあげてほしいですね…。

最近ニュースで180度を持つGacktさんが危険な発言をされていましたが、大丈夫でしょうか。彼はバンド時代からタブーに果敢に挑んでいますが、大衆に訴えてもどうにもならない事が世界には多いのが現実です。このアスペクトを持つ人々は本質的に権威を信じておらず、勘がいい人々です。報われるかはまた別問題ですが、社会に自由と解放をもたらすリリスの一番の体現者たちでしょう。

ただ星周り的に今は革命が起きる時期ではありません。本質を見極め、何をチョイスして生きるかを自分で判断できる者だけが『自分の主義』で生きる事が大切で、人をコントロールすると粛清されると思います。

このアスペクトの持ち主は”大衆に対して”どれだけ理解しているかが重要になりそうです。ヘンリー・ミラーが自決した三島由紀夫にこのような言葉を送っています。

『三島は高度の知性に恵まれていた。その三島ともあろう人が、大衆の心を変えようと試みても無駄だということを認識していなかったのだろうか。
かつて大衆の意識変革に成功した人はひとりもいない。アレクサンドロス大王も、ナポレオンも、仏陀も、イエスも、ソクラテスも、マルキオンも、その他ぼくの知るかぎりだれひとりとして、それには成功しなかった。人類の大多数は惰眠を貪っている。あらゆる歴史を通じて眠ってきたし、おそらく原子爆弾が人類を全滅させるときにもまだ眠ったままだろう。
彼らを目ざめさせることはできない。大衆にむかって、知的に、平和的に、美しく生きよと命じても、無駄に終るだけだ(Wikipediaより引用)』

土星とリリスがオポジション(180度)

後日Noteで公開予定。

藤田ニコルさん、Gacktさん

土星とリリスがスクエア(90度)

後日Noteで公開予定。

三浦春馬さん、出川哲郎さん、ヒカキンさん(YouTuber)、ゆたぼんさん(YouTuber)、ジェフ・ベゾス(Amazon創設者)

土星とリリスがセクスタイル(60度)

後日Noteで公開予定。

中島みゆきさん、hydeさん(L’Arc〜en〜Ciel)、深田恭子さん

土星とリリスがトライン(120度)

後日Noteで公開予定。

新垣結衣さん、イーロン・マスク(テスラ創設者)、松本人志さん、マイケル・ジャクソンオカダカズチカさん(新日本プロレス)、チェスター・ベニントン(リンキン・パーク)

土星とリリスがクインカンクス(150度)

後日Noteで公開予定。

松田聖子さん、庵野秀明さん(映画監督)、カイリー・ジェンナー(史上最年少ビリオネア、カイリーコスメティックス創始者)、橋本環奈さん、レディー・ガガ綾瀬はるかさん、シバターさん(YouTuber)