【占星術】海王星がモテない理由、ノーアスペクト、叶姉妹の人相【質問回答】

いつもアンケートにお答えいただき、ありがとうございます。

これまで多い意見をまとめて1つの記事にしていましたが、今回は個別の質問(占星術だけではなく、人生相談にも)答えていきたいと思います。

人相に関する質問と回答

◯ご質問1
鏡で自分の顔(目)を見つめると、人相が冷酷なサイコパスに見えてしまいます。母は純粋な子だと評価してくれるのですが。そんな私はネイタルで月と冥王星が蠍座でコンジャンクションです。このアスペクトの影響が人相に出ているのでしょうか?
◯回答
これは蠍座の影響だと思います。目力があるんですよ。強さを感じる眼球じゃないですか?情熱があるタイプだと思います。あと24歳未満は月が出やすいですよ。25歳以降は変化していく事が多いし、人生経験で全く変わりますよ。今は確かに月を重視していると思います。ただ月蠍座は1つの事を突き詰めたり、一途だったり、洞察力がありますし、戦略的に使えば大衆人気の要素です(自分は苦労すると思いますが、月蠍座は不幸に関連しやすく、自分を外に出せないので…)あとは水星×冥王星がないですか?これは洞察力があり、眼球が怖くなりやすいですね。

確かに犯罪者の人相を一時研究していた事はあります。これは個人的に土星と火星が絡んでいると感じており、占星術のマレフィック(凶星=火星・土星)はやはり関連するのかなと。あと天王星は暴力系、詐欺や洗脳なら海王星が絡みやすいですね。

ただこれらは人相ありきの「運命論・決定論」ではありません。
生い立ち、人生経験、きっかけとなる出来事とか、あらゆる犯罪に起因するものが別にあり、人相は後付けに過ぎません(アスペクトも、アスペクトがあるから性格が悪いという「運命論」ではない)何か事件を起こした際に、その人物の精神状態を測る程度には利用します。あと精神状態が悪いと眼球が濁ったりぼんやりするので、アドバイスの際に気を付ける事を色々追加でお伝えしています。

運命論支持(この星があるから幸運、不幸、相性がいい)ではなく、自分の行いが人生を変えるんで、問題は自分を知る事だと思います(特に90度は失敗しやすいので、知るだけで学びがあります)。

教養も自分を助けてくれるし、出会いや環境でも変わりますよ。人生は自分の行動次第なんですよ、あと捉え方も大事。人生を作っているのは自分であり、ホロスコープではないので気にしない方がいいと思いますよ。

また月と冥王星0度は、眼球というより「声」に特徴が出やすいですね。不思議な、人の頭に残るような声を持っています(声優さんやボーカリストに多いです)。女性の場合、影響力は大きなものとなります。こちらの記事で解説しています。

【冥王星のアスペクト】芸能人になる人と一般人の違いとは?【水星と冥王星の使い方】

◯ご質問2
太っている人はチャートの太陽かアセンダントに、木星がタイトなアスペクトを形成しているのかどうか?
◯回答
(良い意味で)ふくよかさと木星は関連があります。ただ運命論ではなく、木星のだらしなさ、過剰に欲しがる性質を使って生活している事と関連します(年齢期など多くの原因を見る場所がある)またアスペクトが人相を作るのではなく、人相からチャートの要素を判断します。

ただ木星を多く使うと人相がふっくらして恵みとか豊さを感じますね。小林麻耶さんの人相が激変したのは火星期にはいってからですが、これは土星の影響です。木星系の顔から土星系が強い人相や表情をするようになってしまっています。小林さんは男性運が悪い火星×土星があり、火星期に海老蔵さんとバトルになったので、これが運が離れた原因だと思います。

このようにチャートではなく、使っている要素で人相は短期間で激変してしまうのです。また太る事に関して悪い出かたをするのが、土星とキロン絡みです。こちらは良い意味の太り方ではないので、また違ってきます。 また痩せている人は土星系に多く、こちらは働き者です。ビジネスで信頼されやすいですね。木星系、土星系、どちらも利点があります。

叶姉妹の人相

◯ご質問3
叶姉妹のホロスコープ
◯回答
こちらの叶姉妹ですが、生年月日を話題にする事は弁護士を通じて禁止?されているようなので、ホロスコープは今回見合わせ、人相を見ていこうと思います。知りたい方はWikipediaなどでご自身で調べてみてください。

叶美香さんは優しい瞳ですよね。日本の方は美香さんの方が好きかと思います(性格的にも立ち振る舞いも)実際、ご本人も自分は西洋人にはモテず、アジア人に人気があると言っていました。アジア人は月と海王星を重視するので、こうした優しそう、甘えられるお母さんっぽい人を好む傾向があり、自立している、はっきり意見を言うといった西洋で好まれる女性像を嫌いとします。

よって恭子さんは日本では嫌われやすく、これまで誹謗中傷のターゲットになってきたのは、常に恭子さんでした。これらは西洋と東洋の感性の違いが根底にあります(天王星と海王星の好みの違い)。ここでわかるのは、美醜も性格すらも、国によって評価が変わるという事で、常識すらも西洋と東洋で変わってしまいます。

このようにこれまで恭子さんが前面で目立っており(おそらく冥王星の影響)、美香さんはサポートのように見えました。ただチャートを見ても、人相を見ても、実際は人気を引っ張ってきているのは美香さんで、助けられたのは恭子さんの方かなと感じます(恭子さんは土星系の人相が強い)

美香さんは全体を見ても、ぼや〜っと広がった色気がありますよね?これは海王星です(金星×海王星90度の影響で、信者を獲得する)そして表情がイキイキしている事からも、火星が強いです。その火星は射手座で、スキャンダルをすべて勝ちに導く組み合わせとなります。

しかし恭子さんは土星系の人相で、チャートも火星×土星など、仕事や男性運に困難が生じます。月も山羊座で、自由奔放な事は人気を集めません。土星は信頼されないと人気にはつながらず、恭子さんのキャラは実は厳しいものがありました。ただ月山羊座は、真面目で感情論を言わない事が大衆に人気となります。昨今の人気は、恭子さんのクレバーな人生相談ですので、やっと大器晩成型の成功になったのだと思います(土星系は大器晩成型・月山羊座が活きてきた)

ただその恭子さん、実は若い頃の写真とかスッピンを見ると、眼球はモロ海王星なんですよね(月重視型)。恭子さんとは実は現実的じゃなく、1人だと生きていけないとかそういうタイプなのでは?実際は、美香さんの方が現実面でしっかりした大人で自立していると思います(恭子さんがいなくても平気だが、恭子さんは美香さんがいないと現実面が厳しいのかも)

ただ月×海王星は、ファンタジーな存在が人気に繋がるので、謎の私生活というのが人気の要素だったのかもしれません(収入源が株式投資だと告白した時に、賢い!という評価じゃなく、がっかりした、夢が壊れたと言われたのはそのため)

また美香さんの人相は木星系で、眼球も木星(月×木星90度で、月重視)。ただ金星を感じますよね。キラキラしている。これは木星単体では難しいです。月が牡牛座(金星)の影響でしょう。しかも木星には金星が0度で、ここが強まります。

このように、アスペクトとは重なると影響し合うので、重なる別の惑星の要素が強まる事もあります(ただこれらは研究段階であり、体系化の最中である事をご理解ください)

占星術に関する質問・海王星がモテない理由

◯ご質問4
まるで時間が止まっているかのように変わらない人がもつ特徴などありますか?それとまるでベンジャミンバトンという映画みたいに時間が逆行しているかのような人がもつホロスコープとかありますか? それとなぜ占いに手を出す人はメンヘラが多いのか、落ち目の人が多いのかなどについて書いて欲しいです。
◯回答
当ブログをよくご覧の方はもうわかると思うのですが、それらは全部海王星の特徴です。海王星は時間の概念がないので、貧乏で貧しくなっている事、親元で暮らしている場合は精神年齢が12歳で止まっている事などに気づきません。また全員が貧しくなる事はOKだけど、未来志向にはなれない。西洋なら、まずあり得ない考え方をするのです。

また占いに手を出す人は一般人から見ても不幸(海王星)だったり、非モテ(海王星)の人が多いですよね。モテる事ばかり考えているのに、モテない。それが海王星マインドが強い方の特徴です。何をやってもモテないのは、依存心の強さと物事を自分で考えないからです(ネットや雑誌のモノマネをすればモテると根拠もなく思い込んでいる=没個性)

モテを研究すればするほど魅力もなくなり、他者へ迎合が過剰になります(で、いつまでもモテないのループ、同じようなモテない男ばかり集客する)現実世界でモテる人がモテを意識しない&研究しないのはそのためです(堂々としている、K-pop系の女性)

占いに手を出す人は「自分の中身に問題がある」事を絶対に認めません。他の人、星、そういう要素が原因だと信じ込み、いつまでも自分と向き合いません。気づくと依存になり、占いで彼氏や結婚ができると本気で信じ込み、恋愛を占いで決め、どんどん現実がおかしくなっていきます。

実際は自分を客観視できない、理論の欠如、依存心、幼稚、感情論でパートナーシップが上手に築けない事が問題の本質です。占いという魔法でカボチャの馬車は出てきませんが、それに気づけないので、永遠に似たような人の中で落ちぶれていきます。

相談者様の指摘した通り、落ち目の人たちが集まり、カルト宗教のようなもの形成し、より支離滅裂となっていくといった感じ。メンタル疾患も海王星が支配しているので、現実がうまくいかなくなると、最後はメンタル疾患となります。

筆者は、日本では占いは心を救うのものではなく、依存症ビジネスなのかなと感じます。自分から変わろう、目を覚まそう、現実世界を生きようとする事(占いを信じない人になる事)が、幸運への近道かと思います。商売上がったりなので占い師側は絶対言わないかと思いますが、自分はブログでも鑑定でも、きちんとお伝えし、自分の人生を生きる事をアドバイスしています(自分のホロスコープ全体を理解したら、その後は自分が何をしたいかを重視し、趣味や知識程度の距離にとどめる)

◯ご質問5
ホロスコープが作成出来るサイトによっては海王星と他の天体(キロンなどの小惑星を除く)とがアスペクトしてるところとしてないところがあって混乱しています。この場合どちらが正しいのでしょうか。

◯ご質問6
サイトによってのホロスコープの違い。サイトによってはノーアスペクト天体が出てきます。体感的にノーアスペクトだと感じているが太陽なのでオーブを広くとっても良いのか迷う

◯回答
これはよくわかります。作成サイトは日本語の占星術の教科書の基本的なオーブなのではないでしょうか?オーブの違いなので、取れているものは全部確認した方がいいと思います。西洋の人の意見を見ても、広く取って狭めるなど、様々なこだわりがあるようですね。西洋は一般人もレベルが高く、色々な議論をしているように見えます。

筆者がアスペクトで重視するのは0度で、研究上同じサインだと30度影響すると思っています。ただ体感できるのはせいぜい10度かと思います(自分のチャート的にも)こういう細かい概念は、無理に理解しなくていいと思いますよ。タイトなアスペクトを重視する、という基本で十分だと思います。

またノーアスペクトは「体感を重視」してください。これは5度前ルールも同様で、ルールより自分の体感が大事です。ただ太陽、月、ASC、MCの場合、戦略的に意識する事をおすすめしています(うまく生きやすい、強みになる)

またライツ(太陽・月)の場合、オーブを広く取ると一般的に言われていますよね。ただノーアスペクトだと感じるなら、自分を100%信じる事です。その上で、例えば太陽のサインはどう感じますか?使えていないと感じる場合、ノーアスペクトの可能性があります。教科書も参考にしつつ、自分の体感とも睨めっこしてみてください。きっと面白いと思いますよ。

ノーアスペクト、5度前ルールについて&占星術は独学を推している天王星的な理由。

◯ご質問7
①社会不適合者がどうやって生きていくか(一般社会で生きていくとしたらどうやって自分の手綱を握ればいいか)

②日本人は嫌いだが、日本文化は好きで日本人より歴史、文化を深く知っている人が多い気がします。そんな中で私はどうするのかという軸を探しています。正しい日本史とは何か、世界の強い声に合わせるのか、力がないならどうやって守るのか、日本を守ろうとするのか捨てるのか、コンテンツとして消費された先はどうなるのか…などです。

◯回答
①真面目な話、筆者もそうですよ。まぁ私を見て安心してください。自由を手にするなら世界共通で20代〜30代は投資を頑張る事ですが、メンタル的な事ですよね?まず自分を社会不適だと思わない方がいいですよ。人間、マインドが大事。社会不適合は天王星が支配しており、頭がいいんですよ。逆に大衆は月(7歳児レベル)だし、安い給料のサラリーマンは海王星(理論的思考力が乏しい)で、占星術的な解釈をすれば、頭が多少悪いから社会に適合できると解釈できます。起業とか独立を視野にキャリア形成されてみては?まずそう良い方、良い方に、自分を解釈する癖をつける事が大切です。マインドが変わると立ち振る舞いが変化しますので。またこうした悩みは西洋人はみんな持っていますよ。日本人が逆に従順に従い過ぎているのかもしれませんね…。

②確かに日本文化、歴史は好き、住むには最高だと思っていても、日本人は嫌いと思っている人が多いと思います。これは戦後その傾向が出ており、戦後教育でしょうね。自虐史観だと思います。日本人の精神性が下がったのは、TVの影響です(ここに関わった日本側のスパイのコードネームは情報開示されています)

また日本を守る、守らないもブックありきのプロレスというか…。「サンフランシスコ平和条約」は、英語と日本語では内容が少し違いますが、これは日本の独立を認めた条約ではないと解釈できます。

>>TPP合意文書とサンフランシスコ平和条約はまったく同じ。「日本語の正文がない」ということの意味とは?

日本にはこういうカラクリがたくさんありますよね。防衛費って名目で、軍需産業を儲けさせるために税金で武器を買う。不安感から武器を買わされるものの、その武器を使える自衛官の数は減少している(武器がたくさんあれば大丈夫!→非現実的な思い込み)こういう意味不明な政策ばかりするのが、日本です。助けてくれるかどうかわからない国のご機嫌とりの為に、金だけぶん取られます。
>>岸田政権の“防衛増額”から始まる! 元自衛隊幹部も「砂糖の山にたかるアリ」「子どもの思いつき」と批判

そもそも守る守らない以前に、独立した国と公式に認められていないのではないか?我々は根拠のない話を信じているのではないか?。ここは我々が統治していると言えるのか?

こういう存在なのですよ。これが戦争に負けると言う事なのかなと思います。そもそも正しい日本史が出版社から出版される事はないと思うんですよね…。日本語の出版物は忖度ばかりで、都合のいい妄想が多いですし、歴史認識はどれも自国に都合よく語られるものです。

この中で自分の軸を持つとすれば、「自分で選択する、決める」事だと思いますよ。周囲に合わせない。情報や関わる人は自分で選び、日本人としての誇りを内面に持つ事。誇りを持っていれば、どこに居たって日本人なんです。誇りが持てない事(戦後の自虐史観)が本質なのではないかなと思います。まずはぶれない自分の考えを持つ事が良いと思いますよ(とても難しいですけどね。筆者もまだまだできません…一緒にがんばりましょう)

◯ご質問8
モテ、恋愛、仕事、家族関係 毒親 障害など。地星座は風の時代をどう生き抜けばいいのか。海王星が強い人はどうしていけばいいのか。「強い」とはどういう意味か(天体同士の角度の多さ?ノーアスペクトはどう使うか。)
◯回答
個人的な意見ですが、地の星座って一番バランスがいいと思うんですよね。地に足がついているし。ただ変化に鈍感、対処できないというのは風の時代(情報や変化が早い)あるかもしれません。土はビジネス系の新聞を読むとリスクヘッジできますよ(日経新聞とか)

海王星の強い人は90度、180度、0度ですね。筆者は海王星90度が多いのですが、人生が見えないとか、霧がかかったような感じで放浪する感じですね。また全てハズレを引くというか。騙す人を信じて、信用できる人を疑う、それが海王星の問題です。

また障害ですが、実は筆者の家族も障がい者家系(母親は統合失調症や知的障害、父親は片方の耳が聞こえない当事者)で、母は見本のような毒親ですね…。これを乗り越えるのって、並大抵じゃないと思うんですよ(筆者も首吊りに失敗して足に痺れの後遺症が残っており、障害といえば障害ありですね)

例えば毒親育ちだと無気力(働く意欲が出ない)、病気になりやすい(抵抗力が弱い)、他人に振り回される(愛情不足から迎合)、利用搾取が起こりやすい、人生そのものまで破壊されたような気持ち(やり直せないのでは?)と感じますよね…。

筆者が乗り越えた方法は「この世に愛はない(愛がなくても生きれる・親が愛さなくても私の人生には関係していない=天王星+冥王星)」「他者は自分を守らない(自分で自立する=天王星、他人とは深入りしない=冥王星)」ですかね。これはちょっと極端(冥王星)なのですが…。他人はスルーで、己を強く信じる事を学びました。家系のカルマって冥王星とか蠍座絡みで、結局冥王星のような世界観に行き着くのですよ。恵まれて育った人(木星系)には、なかなか理解されない暗い孤独な世界ですね。

ただ人を信じられないような人生だったからこそ、自分を強く信じる事を学べた、自分だけは自分に嘘をつかないで生きよう、というのかな。他人はどうせ優しくしないからもう迎合しない。期待しない。全て自分次第。株をやる(老後は配当金暮らしでTVゲームしよ〜♪)そういう、過去の人生全て激変(天王星)させたと言うか、捨てた(冥王星)というか。で、金融(冥王星)に行き着く。もう全て冥王星ですね笑

ノーアスペクトなのですが、これは実体験ベース(木星ノーアスペクトです)で、惑星を自分で知覚できないと感じます。使うというより、無意識に使ってて人から天才扱いされるのがノーアスペクトというか。周囲がそのサインによって救われているのですが、本人は救いがない。それが困難というか苦手に感じる場合もあります。木星なら周囲は幸福で豊かになっていく(お金持ちになる、仕事で売れる、事業がうまくいく、あといいか悪いか太りやすいですね)、ただ自分はどんどん吸い取られて不幸、ポイ捨て、恩恵は何もないという感覚がありました。ただこういう事を占星術によって客観視できるようになったので、現在は吸い取られないようにサインの分野は自分のために使うと決めて、意識して動くようにしていますよ。

このように、ノーアスペクトは天才的な才能と関連すると思いますが、自覚できないという罰があります。まずサインと惑星を自覚して、周囲がその要素を求めてきたら自分の売りだと思って主体的に使う事で扱いやすくなると感じます。

◯ご質問9
ネイタルで決まってしまっている傾向に従うのがいいのか、時代にそくしたほうがいいのか。モテなど、変えられるものと変えられないもの。自分に足りない元素を他者で補うのか自分でなんかできるのか。
◯回答
こういう解釈は占い好きさんには多いですね。まずは主体性がない事が問題のベースにあるかと思いますよ。ネイタル(占星術)でも、時代でもなく、自分はどう生きたいのかだと思います。そして自分が想像したことは全てできますよ。自分を信じる事です。

あとモテを意識するのは海王星の特徴ですが、モテる事を考えるとモテなくなるので、海王星の性質を改善する(天王星の性質を強める)事をおすすめします。筆者も海王星が強いですが、海王星の要素をほんの少し出すだけで一気にモテなくなります。実は本人は関係ないんですよ。海王星マインドは人間から嫌われやすいです(生物学的に見て、自立した強い個体を好むように進化しているため)

また客観視におすすめなのが、1行日記です。自分の客観視が苦手な海王星マインドに、客観視を鍛えさせるメソッドです。ぜひ読んでみてください。

人生の目的・意味を見つける1行日記メソッド【海王星マインドからの脱却】

終わりに

アンケートで感想をいただき、ありがとうございました。
1人1人のご意見をピックアップし、本音でズバッと回答しました。占い師がまず言わない事ばかりかと思います。占いを信じている方は洗脳されやすい方が多いですので、客観的な事実から、騙されないマインド作りが大切かと思います。

まだまだ沢山質問がありますが、中でも面白いなと感じたものを取り上げさせていただきました。今後は匿名で人生相談も受け付けますので、どしどしお送りください(その方が変なコミュニティを作るより安心&安全に悩みが解決できる、顔も名前も言わなくてすみますので。※個人情報が載っているものは掲載いたしません)

ただ自分は教祖や先生じゃなく、いろいろな事に苦悩している人間なんですよ(勉強しないと不安=知識欲、ロジックを知りたい、真実を知りたい)また文章を書くのが苦手(凡ミスや表現に悩む)性格(偉そうなんでは?日本人にはマイナスに取られるかも?)など。人により感じ方、捉え方も違いますし、国により好みも違いますよね。

筆者は天王星が強いので、海王星の方には向かない文章かもしれません(天王星は嘘が嫌いで、事実を言う事、騙さない事が誠実だと思う惑星です。あと過激で煽る事で鼓舞する傾向がありますね…西洋はこのノリですが日本人には不快にさせる恐れもある)

ただ誰かに否定されたからと言って、自分はダメだとか、馬鹿だと思い込む必要はありませんよ。そういう欠損感があるから、人は勉強しようと思うわけですし。筆者は不登校で学校に行っていないので、馬鹿だと自覚できる客観的な事実があってよかったと思っていますよ。学歴すらもプラスに考えています。全部捉え方なんですよ。

↑アンケートをくださった方の年齢比です(2023年8月〜)
圧倒的に若い世代に支持されているように感じますね。どうなのでしょう?多分、昭和世代の方も多く見てくださっていると思いますが、感想書くまででもないなと思われているかもしれませんね。

ただ筆者は年上の人が好きで、普段から年上の人に助言をもらったり、相談しているんですよ(ただ日本の歴史を理解している大人の意見ですが…)正直、自分は昭和世代の方の感想とか日常とか昔の思い出話(特に昭和世代の日本とか子供の頃とか)が聞きたいなって思います。

面白いなって思ったのはこういう↓昭和世代の方しか知らない話題ですね※内容は拡大してください(伊丹十三さんのことも初めて知りました。尾崎さんとかHIDEさんとかその辺は聞きましたけど…)あと幽体離脱は、絶対NG。確かにできる方法はあるのですが、抜けやすくなります。抜けると自力で戻れないので(筆者はそうだった)そういったツールにも関わらない方がいいです、これが一番後悔している事ですね。

ただ山上徹也の事件以降、こうした話題はちょっと今後は取り上げることは難しいと思います。この辺に関して、現在オカルトや霊能との距離、占星術は疑似科学に関する記事を執筆中です。

こちらを見ると、意外に日本の生きづらさが人気があり、やはり海王星に関する感想がとても好評ですね。実は当初は絶対に叩かれる(いや100%叩かれる)と思っていましたが、「何度も読み返してます」とか、「今後も期待してます」とかTwitterにもそういうDMをくださったり、正直驚いています。

どう考えても日本で海王星って誤った解釈をされていると思っていて。特別とか霊能とかスピリチュアルとか…「ただの直感で誰でもある能力だし…」とちょっと不満だったんですよね…霊能ってぶっちゃけ遺伝が多いですよ、筆者も遺伝です(この辺に関しても海王星がなぜ霊感なのかって意味の記事を執筆中です)

この辺、難しいのですが、日本人の問題点は全て海王星です。事実と嘘を識別できない。また、昔の西洋はオカルトと霊能が好きだったんですよ。だから海王星をファンタジックに解釈した。しかし現在の若い占い師には支持されていません。社会のムードが変わったんです。霊能とかスピリチュアルのブームは80年代くらいまでで、占星術界隈もこれらと関わりたくないと言うムードなのですよ。それについても記事を執筆中です。

このように占星術とは、時代の変化で様々に解釈が変わるというのかな(現実とリンクしている)時代、国、性別、宗教で違うし、捉え方も変化する(自分の国を知る事、世界を知る事、その上でどういう意味があるのかを冷静に判断する必要がある)んです。

感想はこんな感じで、たくさんいただいています。特に日記系が好きですね。このCD買ったよとか、今これにハマっているんですとか。あと筆者は家にTVがなく、芸能ニュースに疎いんですよ…(芸能人にも疎い)ですから、ここへのタレコミ情報で、ゴシップを知ることも多いですね。あと小林麻耶さんについても、すごく遅くなりましたが、人相の質問で回答しました(運がなくなっている)

アンケートの意見は全部見ており、改善に役立てたり、希望は取り入れようとしています(ただ不器用なので時間がかかります)全ての意見に意味があり、自分を見つめ直すいい機会にもなっていますね。やっぱり匿名っていいですね。お互い楽で。あと日記的な報告が面白いので、くだらない話をしてください(愚痴とか誰にも言えない悩みでもOK、もしかしたらここで回答するかもです)

今回はアンケートはこんな感じだよ、という話をしてみました。新しい試みでちょっとまだ掴みきれていませんが、何か意味があればいいなと思います。最後までお読みいただき、ありがとうございました。

>> アンケートを新しくしました(2023年1月〜)