注目キーワード
  1. 余談
  2. 新月
  3. 満月

【アスペクト】太陽と月で読みとく母親からの影響力、活力、モラハラ夫、カリスマ性、成功運は?【占星術と相性】

このアスペクトの特徴は…

  • カリスマ性がある
  • 自分の人生の自己実現に邁進する
  • 心の葛藤の有無
  • 活力の有無
  • 母親から何らかの強い影響を受けている
  • 癖や習慣に執着しやすい
  • 人生の成功運
  • 子供の頃の良い思い出(或いはトラウマ)

アスペクトとは?

アスペクトって何?という方のために解説をいたします。

ご自分の誕生図(ホロスコープ)の惑星にあるサイン(星座)同士の角度が、
0度、180度、90度、60度、120度の場合、アスペクトといい強い影響が出ます。

この5種類は主にメジャーアスペクトと呼ばれるものです。

他にもマイナーなアスペクトは数多く存在していますが、
強い縁を生じさせるのは、メジャーアスペクトです。

アスペクトの調べ方

調べ方を図解で説明いたします。
ホロスコープのチャートに以下の度数がないか、確認してみて下さい。


詳しいアスペクトの解説記事(リンク)こちらの記事をご覧ください。

太陽と月がコンジャンクション(0度)

このアスペクトを持つ人は「新月」生まれの人です。

強力なカリスマ性を持ち、人を惹きつける魅力の持ち主で、自己実現と心に葛藤がなく、突き進むと暴走状態になりやすいでしょう。
社会での自分を強烈に意識しますので、見栄っ張りで外面だけいい人物になりやすいです。

あなたの場合は太陽星座の良い面が人生を強力にサポートし、太陽星座の悪い面が2倍の力で作用します。
太陽星座の悪い面を意識し、普段から戒める必要があるでしょう。

特に男性の新月生まれの方は男尊女卑の傾向があり、外では立派ですが、家では亭主関白でわがまま。自分の自己実現の事だけを考え、全く妻(や家庭)を顧みない人になりやすいです。

それまでうまくいっていても、子供が産まれると妻が子供に掛かりきりになる事に不満を爆発させたり、モラハラ気味になる方が目立ちますので、結婚前にはよく話し合う必要があるでしょう。

男性は女性のネガティブな感情や心の葛藤・浮き沈みを理解したり、受け止めるだけの忍耐と包容力がなく、他人の感情に無関心です。
相手も自分と同じようにポジティブで心に葛藤がなく、生きるエネルギーに満ちていると思い込んでおり、落ち込むのは甘えだ、メンタルが弱いと無理を強いる傾向があります(女性もその傾向はみられます)

新月生まれの女性は、自分が結婚して妻になる(家に入る)イメージを持ちにくいかもしれません。男性的なエネルギーがとても強く、家庭に入るよりも社会で自己実現をしたいと思う人が多いでしょう。
家庭に入った場合は夫を立てる妻になりますが、自分がなくなるような感覚になりやすく、満たされない場合は外に意識が向いていくかもしれません。

いずれにせよ個人主義で自己中心的、感情面で衝動的な部分が目立つ人です。

良い面としては楽観的で元気。心に葛藤が少なく、恐れ知らずで勇敢な行動が取れるでしょう。前しか見ていない人なので、視野が狭く、いざ問題に直面すると動揺が激しく、言い訳を繰り返して責任を逃れようとする点には注意してください。

特徴としては、牡羊座の良い面と悪い面をイメージしていただけるとわかりやすいでしょう。
太陽星座の良い面が強調されますので、そこをポジティブに伸ばしていかれると良いでしょう。

芸能人では、浜崎あゆみさん、岡村隆史さん、出川哲郎さん、櫻井翔さん(嵐)、伊勢谷友介さん、渡辺直美さんがこのアスペクトを持っています。

余談

新月生まれの夫を持つご夫婦は、夫のモラハラ・妻が鬱病などのお話がとても目立つ気がします。結婚前にはよく話し合い、家庭のあり方や、仕事に対する考え方などをきちんと妻側が聞いておく必要があるでしょう。
一般的に夫は外面が大変素晴らしく、人助けをしては賞賛を集め、自己実現に邁進していますが、家ではモラハラ、家事を一切しない、妻や子供に無関心、などの特徴があります。特に子供を欲しがらない場合は家庭よりも自己実現がメインの人であると思います。

筆者の身近な新月生まれの夫を持つ女性は『世話好き』な女性が多いです。
仕事を頑張る男性を甲斐甲斐しく世話し、尽くす。それが『いい女』という、古風なタイプ。
ただこの『引っ張ってくれる男性が好き』というタイプの女性は結婚で失敗しやすいです。引っ張ってくれる、の本質は『依存心(相手主体)』だからです。

新月生まれの男性は結婚前は頼りになるいい男であることが多いのですが、実際はわがままで自分勝手。女性に妻(対等のパートナー)じゃなく、自分の世話をしてくれる『母親』を求めているケースが目立ちます。

お互いが『依存心』という利害で結ばれて結婚しているので、当然当てが外れた時に一気に問題が出てきます。結婚前まではうまくいっても、子育てや家計のやりくり、家事はお互い協力しないとうまくいかないからです。

ここでパートナーシップが試されますが、元々お互いに依存(期待)して結ばれていたので、うまくいかなくなってしまいます。
子供が生まれて家事を手抜きする妻に夫が怒り出し、ワンオペ育児に妻が怒り出す…。そうなると妻にメンタルの不調が現れ出してしまうのです。

いずれにせよ結婚は『同じレベル・性質』同士が結びつくので、夫婦の問題はお互いに原因があります。自分の欠点を補え、長所を好意的にみてくれるタイプはどんな人なのか、結婚前に考えてみると失敗が減るかもしれません。

星読みは他の星との関係性を『全体』で見る必要があり、これ1つで解釈できるものではございません。人にもよりますし、育ちにもよります。人のベースには教育や環境、哲学、国による宗教などもあります。そこは誤解のないようにお願いいたします。

太陽と月がオポジション(180度)

このアスペクトを持つ人は「満月」生まれの人です。

心に葛藤が多く、自分が社会でやりたい事と心に矛盾が起きやすいので、決断が遅れたり、行動に移すのに時間がかかるでしょう。

焦点をどこに定めるかで常に反対の視点を持ち、無意識に矛盾を無くそうとバランスを取り葛藤が生まれます。

太陽と月のアスペクトは『癖』を表し、無意識下の行動パターンをあわらしますが、同時にあなたの子供時代の経験も表しています。

幼い頃のあなたは多くの心の矛盾を経験してきたかもしれません。
常に相反する2つの物を欲しがったり、何をしても充実感が得られなかったり、欲求不満であったり…。母親との関係では欲求不満(或いは強すぎる母親)であったかもしれません。

あなたは自分ではなく、他者や外の世界に幸せを求める傾向があります。
それは自分の内面に幸せを得づらい(見つけずらい)ことに起因しています。

コンジャンクションの方とは違い、何事も客観的で冷静。内省的で謙虚です。
頭をよく使うので、非常に賢い人になります。

和を大切にし、自分より他者を大事にする優しくて親切な人でしょう。
特に男性は女性を大切にし、レディファーストで妻思いの夫になります。

ただ悪い面としては優柔不断で、心が変わりやすく、思い悩みやすいところがあります。
変化を恐れるがあまり頑固になり、男性でもやや女性的な感性の夫になり、場合によっては接しにくい場面も…。

こうした要素は、天秤座の良い点と悪い点をイメージしていただけるとわかりやすいかもしれません。
優柔不断さ、心変わり、頑固さが人生に困難な状況を引き付ける原因となります。

満月生まれの女性は逆に活き活きとし、家では主導権を持つ中心的な人物となるでしょう。

芸能人では、アニマル浜口さん(プロレスラー・ジム経営者)、中川翔子さん、ヒカキンさん(YouTuber)、MIYAVIさん、安達祐実さん、櫻井敦司さん(BUCK-TICK)がこのアスペクトを持っています。

太陽と月がスクエア(90度)

このアスペクトを持つ人は、「上弦の月」か「下弦の月」生まれの人です。

心に衝突が多く、望むものと必要なものが心の中で対立しやすいでしょう。
人生にトラブルや困難が生じやすい傾向があり、注意が必要です。

無意識下に人との衝突や闘争の感情を抱きがちで、何かにつけ好戦的で、社会の中で孤立しやすくなります。

太陽と月のアスペクトは『癖』を表し、無意識下の行動パターンをあわらしますが、同時にあなたの子供時代の経験も表しています。
幼い頃に『自分を受け入れてもらえなかった』というトラウマを持っているかもしれません。
これは幼少期のあなたが苛立ちやすく、わがままで、神経質であった事に起因しています。

あなたの場合はこの癖や習慣、態度が人生につまずきや停滞をもたらす危険性が高いので、意識して戒める必要があるでしょう。
親族や身近な人との対立の問題を抱えているかもしれません。

傲慢で自惚れが強く、人の上に立つとワンマンな態度に出る可能性がある人です。
根拠もない持論を押し付けてきたり、対立の経験から知性を陰謀や知略に使う傾向もみられ、ダブルスタンダードな発言でモラルハラスメントに注意が必要です。

ある程度の年齢になれば、対立への対処を学んでいる事でしょう。
対立から痛い目に遭っては這い上がる経験をしており、凄まじい回復力を身につけ、転落しても不死鳥のように復活するところがあります。

芸能人では、堀江貴文さん、安室奈美恵さん、ウォーレン・バフェット(投資家)、カニエ・ウェスト(ラッパー・実業家)がこのアスペクトを持っています。


太陽と月がセクスタイル(60度)

このアスペクトの持ち主は、素直で心の安定した人でしょう。
環境や人などに恵まれる傾向があります。

人生の目的と願望が一致しやすく、スムーズに決断したり、行動が取れるでしょう。
心の屈折がなく、自分の意思を主張しながらも、他者の気持ちにも配慮ができます。

親切で人の意見にも耳を傾けられるので、対人関係で揉め事が少なく、人からの引き立てや支援を得られやすい傾向があります。

対人関係の良さは、そのまま多くの機会やチャンスに結びつき、人生でも成功をしやすいことを暗示しています。
人から好かれやすく、魅力的な人物でしょう。

自己実現にも前向きに取り組み、簡単に物事を投げ出さず、粘り強く対処していきます。困難があってもコツコツ努力し、簡単に諦めません。
人とは平等に接し、話し合いを通して問題を解決していき、極力揉め事を起こさないで生きていきたい人です。

家庭では愛情深く、ユーモアセンスがあるので、円満で楽しい家庭を築くでしょう。
女性であれば人柄を重視して相手を選び、母性的な人です。
男性であれば妻の話をよく聞き、対話を重視する夫になります。

ただ恵まれすぎている事で、少しのトラブルにも傷つきやすかったり、恵まれた状態が当然だという態度にならないよう、感謝の気持ちを忘れない事が大切になるでしょう。

芸能人では、羽生結弦さんがこのアスペクトを持っています。


太陽と月がトライン(120度)

このアスペクトの持ち主は非常に強い成功運と幸運を持った人です。

目的と願望が一致しており、そのための行動力とスタミナも抜群で、人生で成功する可能性が非常に高く、恵まれた星の元に生まれた人でしょう。

野心家でもあるので、自分の可能性を信じ、自己実現に邁進しましょう。

恵まれた家庭環境や、両親からの愛情を得やすく、協力的な子育て・教育を受けられる可能性が高いです。
これによって自然と自分に自信が持て、楽観的で前向きな性格となりやすいでしょう。

コミュニケーション能力が抜群に高く、親切で寛大な人です。
もしその自覚があるなら、「母親からのいい影響」を受けている暗示があります。

活力がみなぎっているので、病気をしたとしても回復が早く、いつまでも若々しい、元気な印象を与えるでしょう。
人からの注目・賞賛を求め、それが行動の動機となりやすい人です。

ただとても幸運な星の元に生まれているが故、その幸運の有り難さに気づかず、傲慢な性格になる事があります。
あなたの幸運は誰にでもあるものではなく、大変恵まれた、特別なものであると意識して感謝しましょう。

太陽×月120度は、物事がうまく運びやすく、快適すぎるので苦労という苦労を体験しません。

その悪い面としては、何事も自己中心的で、横暴。ちょっとの挫折や批判だけでも大騒ぎしやすく、わがまま。黙っていてもうまく事が運ぶので何事も受け身で、相手はやってくれて当たり前という態度を取るところです。

また月が第1、4、7、10ハウスに入っていた場合、金銭的にも大きな恩恵をあなたにもたらすでしょう。

芸能人では、松本人志さん、メンタリストDaiGoさん、Mattさん、立花孝志さん(元・NHKから国民を守る党党首)がこのアスペクトを持っています。