【サビアンシンボル・双子座9度】矢で満たされた矢筒【性格・占星術】

  • 高貴だが利益も大切にできる
  • 真に価値のある知性や情報
  • 困難な問題に向き合える
  • 正しい行動と解決
  • 狙いを定めて突き進む
  • 自分の限界を超える
  • 強引
  • 過信しすぎる
5月29日、30日、31日
福士蒼汰保志総一朗(声優)、君島十和子(実業家・元モデル)

サビアンシンボルとは?

ジョーンズ博士のサビアンシンボルを基本に、大元の度数の概念(セファリエルが掘り起こしてきたもの)を取り入れ、読み解きに加えています。

人生のテーマと向かう場所

双子座8度で、自分の利益を守る為には抗議やボイコットも時には必要だと学びました。
この双子座9度では、権利の守り方を勉強し終え、確信を持って前に突き進めるようになります。

タイトルの『矢で満たされた矢筒』とは、そのまま矢がたくさん入った筒です。

英題は「A MEDIEVAL ARCHER STANDS WITH THE EASE OF ONE WHOLLY SURE OF HIMSELF, BOW IN HAND, HIS」で、中世のアーチャーが弓を手に確信を持って立っている、となっておりもっと明確に意図が理解できます。

双子座が生きる世界は知的バトルの競争社会です。
肉体(牡牛座)を使って、情報(双子座)を伝える役目がありますが、知性の拡大に意識が向きすぎて、感情や神経に関心が向かなくなるのが、この双子座6度〜10度です。

そんなあなたは『明確な目的』と『自分の人生』を結びつけて考え、
豊かで幸せに暮らすには、解決の方法と正しい行動を計画したら、あとは突き進もう、と思う人です。

双子座6度からは個人の知性の拡大に意識が集中する、第2グループです。

双子座9度は権利の守り方を理解しており、あとは解決に向かうだけだと思う人です。

双子座は情報、知性、自由な行動を司る星座。

この度数は「問題の解決」に可能性を感じている人です。

双子座8度で、ストライキを起こす事で権利の守り方を勉強しましたね。
ですから鋭い知性を最初から持っており、
後は忍耐強く課題に取り組むだけと思っているのです。

双子座第2グループは「個人の知性の拡大」に意識が集中しますが、
この9度は知性の限界に挑もうとしています。

ただ過信しすぎるところがあり、
神経の問題、過労に気をつけましょう。

問題解決に没頭すると、限界を超えてしまうまで取り組みます。
特に共通の目標に向かって努力する時、頼れる人になるでしょう。

謎解きのような複雑な知性、ユニークな視点を持っており、
忍耐強く問題の解決に向き合える人です。

本当に価値のある情報や知性の使い方を心得ているでしょう。
誰も思い付かないような方法を見つける事もできるかもしれません。

権利や利益を考えながらも、品の良さと威厳があり、
晩年は高い地位を獲得することも可能でしょう。

性格

問題を解決する鋭い知性と、正しい行動が取れる人です。

高貴な雰囲気や品の良さが漂いますが、
権利や利益を守る行動もきちんと取れる人です。

何事も知性を使うことを好む人で、
謎解き、パズル、チェスや将棋、戦略系のゲームが得意でしょう。

集中力があるので、一気に仕事がこなせる人ですが、
倒れるまで没頭するので、意識的に休憩を。

双子座第2グループの4番目は、
知性の拡大を安定させ、結果を出す度数。

晩年はその努力が身を結び、地位を確立するかもしれません。
何事も知性が道を開く人です。

今の状態(オラクル・運気)

双子座9度のテーマは『狙いを定める』『問題解決』です。

明確な目的や目標を定め、突き進んでいく時期。
高い知性と集中力を持つ度数で、問題には忍耐強く対処できます。

ただ限界を超えてしまうまで取り組むので、
過労やダウンにならないよう、気をつけましょう。

シンボルの「矢で満たされた矢筒」からは、
問題解決方法(矢=知性)が沢山詰まっている事がわかります。

あとは目標をキチンと定めて打つだけ。
自分の権利をしっかりと守りながら攻める事も可能でしょう。

真に価値のある情報、知性の使い方の見極めができる時期。
何か目的や目標物を決める、選ぶのにも向いています。

このシンボルは『ゲーム』にも関連しています。
謎解き、パズル、チェスや将棋、戦略系のゲームをプレイする、学んでみる事に幸運のヒントがありそう。

参考文献と資料

https://collections.nlm.nih.gov/catalog/nlm:nlmuid-9410623-bk