【冥王星蠍座&キロン×天王星180度】98年頃と現在の不気味なリンクを考察

今は誰よりも早く動く事で勝ちに行ける時代

学歴、肩書きがもう役に立たない、スキルを重視される、群れても発展が起きない、終身雇用も崩壊し、大企業も40代でリストラ…

なぜこうも時代は変わってしまったのか?
上記の特徴は、天王星の特徴と一致し、失われた特徴は海王星と一致します。

実はこの変化は90年前後だったのではないか?と筆者は思っています。

トランスサタニアンで時代を見るのは有名な話ですが、天王星×海王星0度が90年頃からコンジャンクションになっている事も原因だろうと思われています。

ただそれだけではなく、どうもここに「キロン(カイロン)」も絡んでいるのではないか?と筆者は考えているのです。

この2つの要因から、時代の転換点であった90年代(冥王星蠍座時代)の考察と、98年の金融危機と現在の不気味なリンク?を追記しました。ぜひご覧ください。

キロン絡み?昭和世代の立ち振る舞いから考察

実は昨今、ベビーブーマー世代は若い世代から軽蔑の対象となりつつあります。

これは西洋では「OKブーマー現象」として有名で、若い世代にブーマー世代(日本だと昭和世代)は「子供のようだ」と見られて蚊帳の外になりつつあるのです。
>>boomerはどの世代?「OK,boomer」とスルーするイマドキの若者

どうも日本でも、親世代との価値観のズレから「日本はもう諦めた方がいい(海外に就職しよう)」という動きが出ています。

これはIT関係の仕事をしている筆者も実感する事で、上だと80年代くらいからも「海外に出よう」という動きが活発化しています(実は80年代生まれの筆者もその1人)

昨今、子供相手に幼稚な喧嘩を繰り広げる大人が増えました。
筆者が子供の頃なら、まず見なかったような現象です。

日本では、YouTuberのゆたぼんさんが有名ですね。
彼にいちいち絡んでいく中年が目立ちますが、側から見ていると、彼を利用する側(話題になるから)と、ゆたぼんの宣伝に利用されている側(ちゃんねる登録数が少ないのにニュースになるから)との構造で、下らない炎上がよく発生しています。

筆者は全くYouTubeもTVも観ませんが、彼の活動をよく知っており、すごい宣伝効果だなと感じます。名前が売れる事は、YouTuberとしては重要です。

ただ筆者からしたら、ゆたぼんはまだ子供で、社会を何も知らない子供にただ叱りつけても意味がなく、逆に子供を納得させるだけの知性を持たない大人側の幼稚さの方が際立っているように見えます。

また「さんぽセル問題」も今年は過熱しましたよね。
何も発明すらしない大人が、子供の発明にいちいち絡んで上から批判し、子供の芽を潰して歩いている。「じゃああなたは何が発明できるんですか?」と子供に問われたら、どう切り返すつもりなんでしょうか?

側から見ると、中年世代以上は「何がやりたいのかわからない(支離滅裂)」状態。もっというと、子供に嫉妬している(小学生と同レベル)に見えてしまいます。

しかしこれに対して、子供世代の方が切り返しがクレバーですよね。
若者(というか小学生や中学生)に笑われている感じにも見えます。
>>尾木ママ“さんぽセル” 批判に「未だに根性論?」と呆れ

これに対して、子供が賢いというより、昭和世代の理論的思考が乏しいように感じるのです。理由として、戦前生まれの日本人はもっと賢かったし、立ち振る舞いが大人だったからです。

どうも昨今、未成熟な大人が多い。大人がアニメやアイドルを追っかけたり、本を読まずにTVばっかり見ている…このアニメやアイドル、TVは海王星が支配しているものです。

この世代はちょうど、キロン×天王星180度(1950年〜1989年)とも一致します。
天王星(理論的思考やIT)にキロン(傷)があり、海王星の性質がやや強すぎるのではないか?と個人的に見ていて感じるのです。その証拠に、この世代が拒むせいで日本はIT化に出遅れ、アジアでもIT後進国になってしまいました。

ではその昭和とはどんな時代だったのかを少し考察していきます。

【天王星とキロンのアスペクト】社会の変化に努力を要求される世代は?【1950年〜1989年生まれのギフト】


70年代と80年代にも何か違いがありそう?

70年代まで、天王星よりも海王星のサインの方が先に進んでいました。
これは「夢を見る方」が勝ちに行けた時代だった、とも解釈できますし、新しくて奇抜な事をやるよりも、みんな一緒の方が波に乗れた時代、とも解釈できます。

例えば1979年6月24日のチャート。
天王星が蠍座で、海王星は射手座です。


ホロスコープ参考URL「めちゃんこ占い

1つ後のサインが海王星に来ていますね。
海王星は「夢を見て陶酔する分野」です。

射手座の分野(おそらく海外への憧れでしょうね、この時代)を生かし、天王星が射手座に入る80年代にビジネスを仕掛ける事で、勝ち組になれた時代です。

ですからこの時代までは特に、「夢を見る事」が大事だと説かれました。
このノリで育った70年代生まれ(氷河期世代)は特に日本で犠牲者になっています。

しかし「もう時代は変わった」と気がつくのが、80年代生まれからです。
バブル崩壊後の日本で育った最初の世代です(筆者)


ホロスコープ参考URL「めちゃんこ占い

1982年6月24日のチャートは、天王星は海王星と同じ射手座です。
これは81年〜83年までのわずかの期間に発生しており、「射手座の分野」で夢を見ることも、成功する事も可能という人々になります。

またその後は海王星に山羊座が来るので、思考や立ち振る舞いが一気に真面目で大人になります。山羊座は社会秩序とかルールですので、上の世代とは立ち振る舞いがガラリと変わります。

この辺りの世代から、真面目に塾通いをし、夢を見ず、地に足のついた考え方をし出します(ある意味、夢を見ず合理的)

質問にも来ましたが、そのまま1992年生まれの天王星×海王星0度へと続く道を開拓した人々がこの世代です(スピリチュアル界隈ではインディゴチルドレンなどと言われていますね)

【天王星と海王星のアスペクト】混沌とトレンドを生み出す、流行の仕掛け人は?【ネイタル】

1990年6月24日のチャートは、天王星と海王星が山羊座でコンジャンクション。
これは「山羊座の分野」で夢を見ることも、成功する事も可能という事になります。


ホロスコープ参考URL「めちゃんこ占い

この世代はトランスサタニアンに山羊座があり、抑圧が強く真面目です。親や権威者の言う事にも素直に従ってきたでしょう。これは今後、世界的にも「権威者になる人々」と言われています。政治でも経済でも影響力を持つ可能性がある人々です(だから暗いと落ち込まないでOK。下の世代を良い方向に導いていってください)

またちょうどこの時期、天王星×キロン180度という、1950年〜1989年まで続いた世代の傷も終了。理論的思考力に難ありだった時代が終わり、一気に変化のスピードが加速していきます。

【天王星とキロンのアスペクト】社会の変化に努力を要求される世代は?【1950年〜1989年生まれのギフト】

この流れの過渡期にあたるのが、80年代生まれ(或いは時代)と言えそうです。
当時を振り返っても、間違いなく89年までは「夢を見る事で成功できた時代」と感じます。

しかし90年に天王星がキロンから解放され、それが崩壊。
日本ではそのままバブルという夢まで崩壊し、長い「失われた◯◯年」がスタートします。

世界では東西冷戦が終了。海王星が支配している社会主義が負けました。

天王星が支配するインターネットのWEBサイトが世界で初めて誕生したのが91年です(ティム・バーナーズ=リーによる、World Wide Web(WWW)での世界初のWebサイト)

これらは海王星(夢ばかり見ても許された)の時代は終了し、競争(天王星)が始まるぞという「目覚めの予告」かもしれません。

冥王星蠍座時代「90年から夢を見たら危険?」

筆者が根拠のないポジティブ(スピリチュアル)が嫌いなのは、そうした海王星的な姿勢はあの世(海王星)行きだと、ドライ(天王星)に見ているからです。

大人と子供では見ている世界が違います。
日本はどうなりましたか?
「いつか景気が回復する」→ずっと失われたままですよ?
「日本の未来は〜世界が羨む〜♪」→根拠のないハイテンションで現実逃避して何か変わりましたか?


99年発売の「LOVEマシーン」ハイテンションさが今では虚しく見えますね…当時の日本人の思考が垣間見えます

申し訳ないですが、根拠のないハイテンションなんて、時代が過ぎればこれくらい滑稽なものですよ。占いでも都合のいい話ばかり聞きたがるのではなく、現実をみろと言いたい。これが現在の天王星的な世界なのです。

これからの時代、根拠のない楽観、ハイテンション、現実逃避全てが危険となるでしょう。きちんとデータを見る、物事は調べてリスクヘッジする、大人として最低限の行動をしない人は自己責任と言われるかもしれません。

そもそも95年のオウム事件(地下鉄サリン事件)で人々は目が覚めたはずでした。
ただ若者は知らないでしょうが、このオウム真理教という存在自体、オカルトブーム(冥王星蠍座時代に起きてオウム事件で終焉)が煽った存在なのです。彼はTVに頻繁に出ており、それを見た若者がかなりの数入信しています。

当時のTVは、UFOだの心霊写真だのがよく特集されており、子供ながらに「アホくさ…バカじゃないの?」と呆れていました。現在ではその多くが、実は「捏造(海王星)」だったとバラされています。

海王星の支配する領域はこんなものですよ。見えない人は100%騙される側にしか立てない。最初から敗北が決まっているゲームなのです。勝つには「信じない」これ一択のみ。

オカルトを否定はしません。
ただ「見えない人」には真偽が確かめられないのだし、信じない以外のリスクヘッジはありませんよね。筆者は真っ当な事だけ、真っ当に言っているだけです。

ただ喉元を過ぎればすぐに忘れる(海王星)
海王星とは、記憶が曖昧で、すぐ忘れるという特徴もあります。

昭和世代はその後、2000年代にスピリチュアルに陶酔。ただこれは2000年代末に捏造と問題になり、BPO的に揉めたのでTVからはフェードアウトになります。

しかしこの時期、実は天王星(ネット)に魚座があったのです。
そう、ネットを中心にその後もスピリチュアルは生き残りに成功します。

現在も無関係な占い業界がスピリチュアルを扱おうとするのは、そのせいでしょう。
ただ今後はチャートに魚座が消えますので、占い師もスキルの高い人、頭のいい人、根拠のない話をしない人しか生き残れないと予測しています(要するにスピとか霊感占いとかは裁判沙汰がくるかも?)

ただそれだけではなく、92年時点で根拠のない夢や陶酔は失敗するとチャートから解釈しているのです。理由は天王星の方がチャートで先に来る時代に切り替わっているから。

バブルが崩壊したきっかけは91年3月と言われていますが、エコノミストの高尾義一が「このままでは戦後最大の不況となる」という悲観的な見通しを公表し、株価が急落した「高尾ショック」は92年4月頃に起きています。

なんとこの時、ちょうど天王星と海王星の速さが入れ替わるタイミングでした。


ホロスコープ参考URL「めちゃんこ占い」1992年4月の「高尾ショック」頃のチャート。

90年代以降勝ちに行けたのは、80年代の天王星(射手座)に可能性を賭けていた人々。この射手座はグローバルを支配し、世界と繋がれるツールになります。

実はコンピューターやソフトウェアの普及が始まったのは80年代。
これの下地が70年代(の海王星射手座時代に夢を追いかけた結果)なのです。

実は氷河期世代はファミコンに子供の頃から親しみ、この時代もっとも世界的に見てもITスキルが高い部類にいた人々。この世代がもっと就職できていれば、IT化は加速できたでしょう。

ただこの流れ全てを阻止したのが、団塊世代。
90年中盤以降、団塊世代が中心となりパソコンの導入を必死に拒みづつけます(子供だった筆者も当時のTVニュースをしっかり覚えています)

ただこの頃、バブル世代や氷河期世代の間でITブームの火付け役になったのが「Windows95」の発売です。冥王星射手座に切り替わった年、95年末の事でした。

ここで「お、面白そう、買うか」と思った天王星的なノリの人は、2000年代以降は勝ち組になっています。


ホロスコープ参考URL「めちゃんこ占い」1995年11月の「Windows95」発売時のチャート。

しかしブックはもう80年代の「天王星射手座」に書かれていました。
このように90年代以降は、新しいものに誰よりも早くトライしたら勝ちに行けました。
新しいものは「天王星が支配する星座」の得意分野です。

90年代にミリオンヒットを連発しましたが、その殆どが洋楽からのパクリでしたよね?
要するに海外情勢に詳しい人がビジネスパートナーだと、90年代は金儲けできました。

海外輸入CDを取り扱っていたavexが躍進し、「射手座の」小室哲哉さんとタッグを組み、ヒットチャートを独占し、若者の間では安室奈美恵さんが西洋のファッションを取り入れ「アムラーブーム」を起こしました。

その安室さんの月は「射手座」です。
彼女が「太陽射手座」の小室さんとタッグを組みブームを起こした年、それが「冥王星射手座」に切り替わった95年です。

そして筆者が株に興味を持ったのも、実はこの頃。
理由は「山一證券の倒産記者会見が面白かったから」

この記者会見を見た子供の筆者も(株はやばい…)と怯えましたね…。
しかし今思い返せば「夢見がちな海王星マインドに株は無理」と言えます。

庶民が宝くじを買うようなノリでやるから「高尾ショック」以降右往左往した。理系が得意な分析がベースにあればITバブルで巻き返していたのでは?(筆者の知り合いはここで富を築いていました)ファンダメンタルも理解していなかったのではないでしょうか?

この「社員は悪くないですからー!!!」の会見が97年。
そして山一の倒産までの顛末はまさに「海王星的(隠蔽)」でしたよね。

この会見の社長のその後のドキュメンタリーもNHKで見ました。
隠蔽体質がどのようなものだったかを特集した物です(確か2000年代初期の頃)

このお涙頂戴の劇場型記者会見は、いかにも海王星的です。
しかし「人の山一」はその後の社長や社員の行動から伝わってきますよね。海王星とは心が美しいからこそ、活きる惑星なのです。

97年〜98年頃の日本と、現在の不気味なリンク!?

このように、もう隠蔽やペテンで延命できる時代は終了。
日本は97年と98年に何かが完全に切り替わったと感じます。

そして97年にあの「アジア通貨危機」が起こり、翌年日本でも金融危機が起こり、年間自殺者3万人時代も98年からスタートします。

実はこの98年に、海王星は山羊座から水瓶座に移行しているのです。

権威者、信用信頼の時代は終了。
ブームの主役は、IT反逆者に切り替わります。

アメリカではGoogleが98年に誕生。ちなみにYahooは94年、楽天は97年に誕生。当時の日本がいかに世界をリードしていたかわかりますね(その動きを阻止したのが団塊世代なのですが…)

筆者は来年からの2023年(冥王星水瓶座入り)以降は、この過激版な時代が到来すると見ているのです。なのでもう昭和世代(権威者)の話は無視しようと思っています。

貧乏、負け組に巻き込まれたくない、我々世代最後のチャンスがここの時代なんだと認識しているからです(冥王星魚座は、おそらくあの世状態)

↓こちらも項目を2つ追加しています。

【冥王星魚座考察】精神とモラルの破壊、ロボットと命の融合?【占星術】

現在の円安、物価高、安心安全の崩壊、終身雇用どころか、日本から若者が脱出しているのは、何かこの頃と似たような匂いを感じませんか?

若者は新しい産業にトライしましょう。
次のGoogleはメタバースか、量子インターネット分野か!?
そろそろ時代に変化が起きる頃かもしれませんね。2010年代は酷い時代だったなと感じます。魚座の威力恐るべし。これから一気に加速度的に変わるかもしれません。常にIT分野には精通しておきたいところですね。

【世界は加速する】ヒトラーの予言と冥王星水瓶座時代【2039年とは?】

ただこの激動の時代、ちゃんと日本のバブル崩壊も、その後のITバブル崩壊も予言していた人物もいました。そう、それがあのFRBのグリーンスパン議長です。

ITバブルでアメリカ経済が上昇しはじめたとき、「根拠なき熱狂は予想外の景気収縮をまねきかねない」とマジレス。これは海王星には予言的に見えるかもしれませんが、きちんとした算数的な計算(天王星)に基づけば、物事とはリスクヘッジできるという事です。

彼は88年に来日した際も「日本の株価は高すぎるんじゃないか」と指摘していました。日本のバブル崩壊も、ちゃんと理論で考えていたら回避できたのでは?

このように天王星マインドがあれば、常にリスクヘッジもできるのです。
根拠のない現実逃避さえしなければ、の話ですが。今の日本人って「LOVEマシーン」を聴いていた頃から何も変わりませんよね?もう、お花畑というか、何を言っても無駄というか…。

この98年の「隠蔽やペテンで延命できる時代は終了」
これ、今の日銀の政策にも同じ事が言えませんか?筆者には何か不気味な一致にしか思えないのです。

この「97年〜98年頃の日本と、現在の不気味なリンク!?」は、2022年11月11日に追加した項目ですが、どうも現時点で、黒田総裁は任期満了まで逃げ切ろうとしている感じがするんです。

来年の任期が終わった時、何か大きな隠蔽がバレるのではないか…と。
これらは全て筆者の妄想と思い込み(海王星)ですが、時代の転換期(トランスサタニアンの状況)が酷似しており、不気味な不安を感じるので書き記しておきます。何もなく過ぎればいいのですが…。

振り返ると、昭和世代は問題が起きると「隠蔽(海王星)」と「先送り(海王星)」で逃げ切ろうとしますよね。これの代償は我々、若い世代がする羽目になります(後世に引き継ぐ&破壊や破滅=冥王星)
>>没落する日本経済「被害者になる若者は世界に逃げろ」

どうもトランスサタニアンに射手座がある世代は西洋かぶれが多いですね(筆者も)ただそれは、自分達日本人の良さや問題点を理解した上で活かせるもの。西洋人のトレース(海王星)ばかりやっていればいいという、安易な憧れ(海王星)はあの世行き(海王星)になるかもしれません。

わかりやすい事例が、海王星魚座期の麻薬(ヘリコプターマネー)になるでしょう。対処法(プランB、プランC)は考えているのでしょうか。巻き込まれる(海王星)のは、何も考えていない人々(海王星)であり、利益を手にしたのは一部の投資家(個人は天王星、金融や大企業、黒幕なら冥王星)だったのかもしれません。

海王星とは麻薬であり、陶酔すると時間と金を無駄にする分野です。その時代の海王星の支配する分野には気を付けておいた方がいいかもしれませんね…。

天王星は新しいターンへ

東日本大地震の翌日、天王星は牡羊座に移行しました。

これは「1人で食べていく時代」
これが可能になる、とも取れますが、悪く言えば「1人で生き残れ」とも言えますね。
或いは先駆者。開拓者。一人で裸一貫でやる。ソロ活動。そんなムード。誰もが自立を促される。

現在、芸能人も事務所から独立ブームが起きていますし、TV離れも凄いですね。
今後はYouTubeで個人が情報を発信する時代になるかもしれません。意外に芸能人がつまらない事(台本をもらわないと何もできない)がバレる可能性もありますね。

「会社(或いは国)に依存しない生き方」とか。
この流れがトレンドになる時代、それが海王星牡羊座時代に到来するかもしれません。

今は冥王星が山羊座。
冥王星はそのサインの破壊が起こります。安全、秩序、信頼、信用の破壊、権威者のポジションの破壊。この辺は世界規模で起きています。

海王星の国、日本はエンタメ(海王星)が精神性に与える影響として、とても重要です。握手券というペテン(スキルは無視)で邦楽の地位は失墜しましたし、スキルじゃなくてペテンが重要なんだ、というメッセージを若者に与えました。今、詐欺も激増していますね。

日本は土星系の社会なので、権威者の行動で世の中が変化します。
逆にこれを使った良い例は韓国。スキルを重視し(天王星)、真面目(土星)で、世界に出ていった事で韓国の人のモチベーションは確実にアップしています。そしてそれを見た日本の若者のモチベーションは確実に下がっています。日本のアイドルもK-popを目指すまでに邦楽への信用信頼は失墜。

また奴隷労働(人権無視)が横行し、積み上げた信用信頼(山羊座)も崩壊されました。外国人労働者も、もう日本で働きたくないと出ていく状態…。円安も追い打ちをかけました。日本は土星系の社会なので、信用・信頼がなくなるとビジネスは難しくなります。

今、日本のことを真剣に考えている人ほど、強い危機感を持っています。
地球温暖化や若者の雇用環境も含め、我々昭和世代はもっと、日本の未来のことを考えた行動をする時にきているのかもしれません。

若者が幸せだから、安心して年老いていける。安心してバトンタッチ(引き継ぐ=冥王星)できる。権威者世代の行動や発言は強い影響力を持っています。これは、権威者世代が変わることで未来も変化できると解釈できます。もう2度と、90年代のような失敗を繰り返さないために。

バブル崩壊後、氷河期世代が犠牲者となり、日本はどうなりましたか?彼らに雇用を譲っていたら、日本はもっと繁栄できたのではないですか?今の若者世代にも置き換えられることができます。

日本は海王星の国なので、一致団結して協力することで強い力を発揮します。個人レースになると昭和は平成に捨てられる事になると思います。もう若者や子供をイジメるのはやめてくれませんか?全体の足を引っ張らないでと言いたい。

団塊世代と同じ道を歩まないために、我々昭和世代がもっと未来志向になる時なのかもしれません。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。