注目キーワード
  1. 余談
  2. メソッド
  3. 世代

【独学で占星術を勉強する】占い師になる方法や鑑定のやり方、配慮など【リクエスト】

最近リクエストで目立ったのが、占い師になりたいという方の相談です。
鑑定で意識していることやどうやって占い師になったの?など。
その辺をまとめて回答していきます。

正直に発信しすぎてるので、何かあれば削除します。

占いに興味をもった経緯と現在まで

経緯は「自分で自分が何者かわからない」という問題に直面したため。

親から虐待や支配を受けて育ち、自分の願望や欲しいものを欲しいと言う事、意見を持つ事を経験せず、自分が存在している感覚を持てなかった。自分の感情や人生にも無関心で、全てに無気力。学歴もないし、未来に生きる希望も失くなっていた頃(海王星マインド時代)に、書店で分厚い洋書(翻訳)の占星術の本を見つけたのがきっかけ。

当時、自己分析(哲学・心理学・医学)に没頭しており(占いを馬鹿にしつつも)暇だしと立ち読みしたら、驚くほど当たっており衝撃を受ける。その後は手当たり次第占いを勉強する。

★その後の流れ

日本で学べる全ての占術の書籍を購入し、勉強開始。
(四柱推命・九星気学・姓名判断・人相・手相・カバラ・その他)

バイオリズムはカバラや東洋。
未来予知や世界の概念など、この世の真実は占星術。
開運は姓名判断だとわかる。
姓名判断には四柱推命が必要だとわかり勉強。
姓名判断の流派を見極めるのに数年を要し、1つに辿り着く。

占術ごとのメリットを理解し、
東洋と西洋をミックスする試みに出る。

ただここで数年、回り道をするハメになる。
(浅く広くやりすぎて迷走する)

行きつけの美容サロンの子のオーラを見てあげたら、同じ事を言っているサイキックの知り合いがいるからと、今のサイキックの知り合いを紹介される。
魂の概念の理解が進む。

同時期、日本の現状に未来を感じず、
海外移住を考えて英語の勉強を開始。

キンドルで洋書が手に入る事を知り、勉強がてら読んで衝撃を受ける。
小惑星やドラゴンヘッドなどを学び、
停滞していた占星術の理解が一気に進む。

これまで学んできた東洋の占術と占星術の再コラボを試みる。

オリジナルの相術(占星術+人相学)
人相占星術を生み出す。
(その後、研究と体系化をすすめる)

海外移住に備えWEB関連の勉強を開始。

たまたま定例のお茶会で、サイキックの知り合いから聞いた前世と、
洋書の前世の概念が同じと気付く(月、土星、ドラゴンテイル、12ハウス)

自分や親族のチャートで過去世とドラゴンテイルの検証を開始。

トランスジェンダーとして、LGBTQ+の占星術を検証開始。
(医学書を元に解明を進めている段階)

WEB関連の仕事もしていたので、
勉強の為にブログを開始(2021年夏)

西洋と同等レベルの占星術の発信と、風の時代の正しい解釈、トランスジェンダーとしてマイノリティへプラスの発信をしたいと思った。

サイキックの知り合い達と占星術師の自分で、西洋でもやっていないような、目に見えない世界をホロスコープで可視化という事ができるのでは?と思いつく。

前衛的な試みは理解されないと思うが、一応日本語から発信(現在)
今後海外とも交流したい。

初心者におすすめの書籍と勉強術

これはプログラミングの勉強時もそうでしたが、
『一番簡単な本』を読む事がもっとも近道!

誰かに教わるより、簡単すぎる本を1冊読む。
分厚い本はNG。お金をかけるのもNG。

やれそうかどうかを1冊読んで見極めよう。

★人に聞かれた時におすすめしてる書籍

アマゾンの中古や、メルカリで購入すると更に安いです。
勉強はこれで十分。
難しい書籍を読めば理解できるものではないからです。

書籍を読みつつ、下記の記事で音楽を聞くだけで天体の特徴が感性で掴めます。西洋の感性の理解にも是非どうぞ。

【ただ聴くだけ】音楽で天体の特徴を理解しよう【感性の占星術講座】

アスペクトやリリスは、筆者の研究結果をブログで無料公開しています。
実際の鑑定にも使っていますし、このブログをご活用ください。
(需要があれば、無料の勉強会などを開きたいなと思っています)

もっとできそうだと感じたら、その都度レベルが高い書籍を1冊買って、丁寧に読み込む事をおすすめします(色々買うと逆に理解が散漫になる為)

★筆者がした勉強法(独学)

勉強は例の最初の洋書1冊をひたすら研究。
(しかもエレメントと太陽と月の解説しかない)

理由は、日本人の書いている本はしっくりこなかった為。

勉強→知人を見て検証。
この繰り返しで、占星術の概念的理解を深める。

10天体を勉強。
知人など事前に性格を把握している人のチャートを見て、どの天体がどういう要素を持っているのか、実体験ベースで探る。

ひたすら検証→分析。

10天体の意味を把握したらサインとミックス。
それを分析→知人で検証。
アスペクトを知る。
アスペクトの性質を知人の性格で検証→分析。

分析して蓄積したデータをノートにまとめていく。

歴史上の偉人、海外のアーティストなど、知人以外で検証。

1〜4をフルに入れて検証→分析。
類似点を見つけたら科学的データ(医学書など)とすり合わせる。

占星術だけではなく、医学や生物学を取り入れ応用を学ぶ。
(サイコパスなら、サイコパスの科学的データと性質を天体やアスペクトの中から見つけ、根本原因を科学ベースでも深掘りする。西洋人でも多いやり方)

筆者はマニアックな占術より、実利と科学を重んじる姿勢です。
結局、マニアックな占術はオタクの自己満足でもあります。
データの蓄積を得られづらいので、やるなら極めると逆にいいと思います。

勉強中、当たらないと判断したら見切りは早めに。
理由は、占星術で学ぶポイントは膨大にあるからです(見極めが大事)

また鑑定には人生経験やモテるテクニックなど、実利面が重視されます。
哲学的な思考、教養も読み解きにプラスに働きます。

筆者は元々眼球から天体がわかりますが、初心者には人相は難しい可能性があります。当ブログの写真や動画を用いた説明をよく見て場数を踏んでみましょう。

書籍ベース、他人のトレースでは成長しないので自分流でいいと思います。
一つの参考として、勉強法が誰かのお役に立てば幸いです。

鑑定全般

★10秒しかない時のポイント

(1)タイトなアスペクトを見る。
(2)チャートに、0度と180度があるか見る。
(3)リリスとドラゴンヘッドのサインを見る
(4)天体のサインとエレメント、アスペクトの割合を見る(ここまで10秒)

(5)質問内容に沿った天体を見ながら、チャート全体の傾向を話す。

相手からレスポンスがきたら関連するアスペクトやASCなどの解説。
どういう人生のテーマがあるかなど。

★チャートの読み方って?

まず西洋は理系(天王星)です。
占星術とは、理系向けの占術という大前提があります。

ですから、チャートの読み方は毎回内容によって違います。
チャートは「新しいパズル」と思ってください。

上記のポイントだけで、1つのルートが見えるはずです。
そこに、バラバラのピース(アスペクト、サイン、エレメント、割合など)をはめ込んでいく感じです。

何年勉強しても読めない、と言う方は「読む順序には型がある(正解は1つ)」と思っていませんか?或いは書籍の丸暗記だけしているとか…。

占星術は占術やルールにこだわると失敗しやすいと思います。
西洋は全てにおいて応用力を重視します。

下記の記事に「応用力」がいかに大事で、知識の詰め込みがいかに実践で役立たずかを賢い人が解説しています。
>>日本人が「劣化」したワケ…受験勉強で「学歴の高いバカ」が大量生産されている!

文系の方は、四柱推命や東洋の占術の方が伸びる場合も…。
筆者は東洋の占術は掴めませんでした。向き不向きを見極める為に色々な占術にトライすると世界が広がるかもしれません。

★鑑定で気をつけていること

まずは相談者様ファーストで、丁寧にヒアリングをする事です。

意見の不一致がないように、
何度も占術と鑑定内容を相互で確認します。

ヒアリングでは相談者様の家庭環境など、ご本人が無理のない範囲で伝えたい事をしっかり伺い、一緒に問題点を見極めます。

現在の問題が出ているであろうアスペクトや天体、サインを鑑定前に説明します。

それを踏まえた上で、質問内容を一緒に整理。
価格も最小限で済むように調整します。

ここまで終わり、最終的に同意を得られて初めて、
振り込みなどの連絡をします。

鑑定の注意点、鑑定までの日数など、事前にしっかり説明をします。
プライバシーに配慮し、メールアドレスの交換も必要ない方法で鑑定のやりとりをします。

メール鑑定後、技術への信頼関係が築けたら、
ZOOMなどの対面鑑定を解禁にします。

リピート利用時にもすぐに前回の質問やチャートを確認できるように、一人一人専用のファイルで管理します。

些細な事も忘れないようにメモを取り、専用ファイルに一緒に保管します。
(趣味であったり、昔の思い出話であったり、ちょっとした内容)
この辺のことは、キャバクラ嬢時代のなごりもあります。

占い師になった方法

結果論としてこうなっていますが、
占い師になりたいと思った事はありません。
外でも占い師とは基本的には名乗っていません。

元々子供の頃から精神不安の母親の聞き役を務めており、私生活は妹の世話と尻拭い。ずっと聞き役か世話役。

友達の間でも相談に乗ったり、アドバイスをしたり。
そういう立ち位置でした。

自己分析で占いを勉強してからは、占いをアドバイスに取り入れ、そのまま集まりに出ると頼まれるようになりました。

ビジネスや趣味を絡めて話が聞ける女性がほとんどいない為、自分に依頼が集中したのかな?と分析しています(Twitterからの依頼も男性の方が多いです)

占い師になりたい場合、身近な人の鑑定をするとよいでしょう。
色々アドバイスをもらえますし、責任も発生しないからです。

勉強にもなりますし、友達も増えますよ。
地域の集まりに参加するのもいいですね。

大事なのは無理をしすぎないと言う事です。
そして、どんな時も相手の気持ちになって読み解くという事です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

風の時代の占い師に求められる資質【アジア人である事に誇りを持つ】

PR