【サビアンシンボル・牡牛座2度】電気的な嵐【性格・占星術】

  • エキセントリックなひらめき
  • 芸術的才能
  • 数学的才能
  • エネルギーの爆発と停電
  • 突然の劇的な変化
  • 距離を置く(孤独)
  • 破滅的衝動
  • 孤立する傾向
4月20日、21日、22日
三宅一生(デザイナー)、新藤兼人(映画監督・日本インディー映画の先駆者)、ロバート・オッペンハイマー(理論物理学者・原子爆弾開発者「原爆の父」として知られる)
ジョーンズ博士のサビアンシンボルを基本に、大元の度数の概念(セファリエルが掘り起こしてきたもの)を取り入れ、読み解きに加えています。

サビアンシンボルとは?

以下のサイトで無料で調べることができます。

Astrodienst(外部ページ)

【占星術】サビアンシンボルの解説と一覧表【アカシックレコードの使い方】

人生のテーマと向かう場所

牡牛座1度で強い意志を貫く戦いをしたあなた。
人生という激流の中で成長し、この牡牛座2度では辿り着いた地でアクションを起こします。

牡牛座が生きる世界はファンタジーの世界ではなく、現実。
勇者としての魂(牡羊座)を肉体(牡牛座)に宿し、裸一貫で生きるのが牡牛座1度〜5度です。

そんな牡牛座2度のあなたは突然のひらめき、劇的な変化の中で成長し、
成功するためには勢いで行動する姿勢も辞さない人です。

この現実という世界は『待っていても始まらない』のです。
先延ばしが続くと怠惰な面が強調される度数でもあります。

牡牛座2度は先駆者的な人に関連する度数です。
アメリカのSMモデルの先駆者、ベティ・ペイジの太陽が牡牛座2度です。
裏マリリン・モンローと呼ばれた、アンダーグラウンド界の元祖女神です。

タイトルの『電気的な嵐』の電気とはひらめき。
嵐とは劇的な変化や、劇的な(人からの)反応、勢いで行動する姿勢です。

ただ根底には『ひらめきを守りたい』という弱さが潜んでいます。
自分をどこか精神的に孤立させる事で、自分の感性を守っているのです。

そんなあなたは『感性を守る事』と『自分の人生』を結びつけて考え、
豊かで幸せに暮らすには、エキセントリックな行動も時にはやむなし、という考えの人です。

エキセントリックな行動が目立つ、野球選手の中田翔選手が牡牛座2度です。

牡牛座1度からは、現実世界を肉体を使いこなしながら生きていきます。

牡牛座2度は、自分の感性を守る事で手一杯。人に理解や関心を示し辛いでしょう。

自分の感性やひらめきを守りたい、という強い思いがある度数です。
牡牛座の影響を受けており、頑固で融通が聞きません。

現実の人生は行動しないと何も始まりません。
この度数は先延ばしが続くとさらに混乱します。怠惰な姿勢も強まるでしょう。

実はひらめきの中で最大の力を発揮できる傾向があり、先見性は最強。
どちらかというと数学的な理解力を必要とするもの全般に適性があります。

そもそもこの度数は「自分の感性やひらめきの放出」が課題。
周囲の反応を見て、自分の価値や行動に気づく人です。
良くも悪くもインパクトが強いので、賛否を巻き起こす可能性があります。

自分の価値を自分で理解する必要があります。
残念ながら、先駆者とはいつも理解者がいないものなのだからです。

ひらめきを邪魔するもの、お説教も嫌いでしょう。
こうした姿勢が精神的な孤立を引き起こす可能性があります。

性格

電気に関連しており、エキセントリックな一面がある人でしょう。
牡牛座の影響を受けており、頑固で融通が効かないところがあります。

この度数は天王星的な感性を持っています。
イライラしやすく、神経質な面が出てくるかもしれません。
或いはひらめき型で、予測不可な行動を取るなど…。

自分のエネルギーを信じて爆発させたものの、突然停電する事も。
ひらめきに左右されてしまう面には注意しましょう。

先駆者的なマインドがありますので、人の真似はしたがりません。
自分は特別だと言うような自惚れもあり、自分の感性にこだわります。

牡牛座は物質を司るので、目に見える事しか信じられない人です。
成功する事、自分や相手のステータスにもこだわるかもしれません。

ただ目に見える、五感で感じるような、センスを持っています。
快適なもの、美しいものを重視し、芸術センスがあると言われています。

ただ自分のやりたい事を邪魔されないように、人や社会から距離を取るかもしれません。
孤立や孤独も暗示する度数です。

悪気があるわけではないのですが、他者への関心は薄め。
この度数は『ひらめき次第』なので、それを奪われるのは死活問題なのです。

洞察力や直感といった素晴らしいひらめきのセンスがあります。
そのセンスが周囲を奮い立たせ、新しい風を運んでくる人でしょう。

今の状態(オラクル・運気)

牡牛座2度のテーマは『ひらめき・感性』と『放出』です。

この度数は待っていても何も始まりません。
自分の感性や降ってきたひらめきを外に出していく時期です。

斬新なアイデアで先見の明があります。
何かの先駆者的な立ち位置での発信もいいでしょう。

突然の劇的な変化を暗示した度数です。
変化・変容を前向きに受け止め、自分の感性を信頼しましょう。

自由すぎても、選択肢が多すぎても混乱します。
行動を起こすべき時に、何をすべきかわからず固まってしまう恐れも…。

閃いたらすぐ行動し、周囲の反応を確かめましょう。
失敗する事もありますが、反応からでしか見えてきません。

全く新しい何かを閃いている可能性があり、
理解者を見つけるのに苦労します。

孤独や孤立も暗示しており、自分で自分の価値を理解する必要があります。
成功するぞ、と言う信頼感を自分に強く持ちましょう。

このシンボルは『電気』に関連しており、数学的な理解力を示します。
パズル、プログラミング、実験、科学的データ。
こういったものの中に打開のヒントがありそうです。

参考文献と資料

https://collections.nlm.nih.gov/catalog/nlm:nlmuid-9410623-bk