【占星術とSEX】月のアスペクトと性欲の関係・月星座は男を制御不能化させる!?【考察】

占星術の世界では、月で妻や結婚をみます。
ただ筆者の月の解釈は悪癖、潜在的な(或いは生理的な)嫌悪と解釈しています。

それは筆者が自分の月のサインがとても嫌いだからです。
そのサインを太陽に持つ男性、金星や火星に持つ人が特に生理的に嫌いです。

皆様はどうですか?
月とはそもそも過去世を表しており、過去世で得意であった事柄です。

しかし過去世とは大体400年くらい前である事が一般では多いので、
現在の時間軸では役に立たない成功体験でもあるのです。

そもそも占星術でも月星座とは7歳までしか発達しない分野。
いくらそこに拘っても、大人の社会では勝てない分野なのです。

月星座に対応した女性の前で、男は7歳児になる!?

ずっと筆者は月はその人の悪い癖であると捉えてきました。
西洋でもそういう発信をしています。

ただ知らなかったのですが、つい最近日本でも同じ事を言っている占星術師の方がいるという事を教えていただきました。

筆者は彼の書籍を読んだ事がございませんので、なんとも言えないのですが、月はもっとも不得意であり、足を引っ張る悪癖と思います。

だから月の星座で好きな女性のタイプを見る、というのも『???』だと思うのです。
アスペクトは非常に重要であると思いますが。
(ただ月は大衆人気で、他人からは好意的に見えます)

要するに月に対応した女性の前では、
男性は7歳児になるのではないか?という風に思う訳です。

ですから、筆者の月のサインを太陽や金星、火星に持つ男性と関わると、
相手はまるで7歳児のようにわがままに豹変するのです(※後述)

対等な男女ではなく、まるで子育て。ママと息子。
月の性質を満たす日本のやり方は全体的に幼稚性を強めると筆者は思うのです。

月と火星の性欲の関係

月が蟹座の男性が、火星蟹座の女性にごろにゃんしてましたが(しかも人妻です)
側から見てると7歳児のような態度なのです(よく自分で気づかないな…と呆れ返る感じ)

そして火星蟹座側の女性は月が天秤座でした。
要するに社交の方法に難ありなのです(八方美人なのに人間を嫌っている)

彼女は金星×火星90度があり、単純にスリルを好む浮気性ではあります。
相手の男性も金星×火星0度ですから、性欲から動いているだけで不倫にも無責任でしょう。

このアスペクトは子供っぽく刺激が大好き。
性欲が強いので、火星(性欲)が満たせる蟹座の要素が強い異性(+刺激的で大胆な異性)に性的な満足感を持ちやすかったのでしょう。

そもそも男性の月(好みの女性)と、女性の火星(性的なエネルギー)0度は双方に強い性欲を生み出します。

二人は『お金』というもので利害的にも強く結ばれている感じでした。
このアスペクトは恋愛の他に、お金が大好き。
ただ煩悩まみれなので、周囲の大人はみんな白けて見ている状態でした。

そんな彼女の旦那様も、なんと月星座が蟹座。
しかし旦那様の蟹座の要素を心底嫌悪していたのです。
(月星座・蟹座はメンタルケアが面倒ですぐ不機嫌になります)

にもかかわらず、また月星座蟹座の男性にごろにゃんされてニヤニヤしている…
人間とは何度も同じことを繰り返すんだな…と思った出来事でした。

このように男性の月と女性の火星が0度の場合、性欲が強まるようです。
ただこれは男性側が7歳児になるという事でもあり、制御不能化します。

筆者の経験談として、過去にパワハラとセクハラを異常にしてきた男性の月と、筆者の火星が0度という事がありました。

要するに、男性側が筆者に性的に興奮していたのだろうと今では推測します(心底気持ち悪いですが…)
男性側は性欲が強く、虐待と支配欲の金星×火星0度と、好きな人に徹底的にやる金星×冥王星90度があり…今思えば最凶の地雷です(しかも劣等感が強い火星×土星0度)

女性の月と男性の火星なら性欲もうまくいくのか?と思いましたが…
科学的に女性は男性(火星)では性欲を持たない事が実証されていますし、
筆者も月星座と男性の火星0度(太陽0度も)は心底嫌悪感があるだけです。

参考文献

月星座の男性を選ぶ=7歳児レベルの感性で男性を求めるようなものですから…でも男性ではこのパターンは非常に多いです(そもそも月は女性ですが、0度は幼稚性を強めると筆者は思います)

【月と火星のアスペクト】闘争心と性欲が強く、男性人気が高いのは?【母親と妻】

月の星座はストレスの源

今回の女性もですが、月が天秤座はとにかくいつもいい人であろうとします。
しかし結局はそれが不快であり、ストレスを内面に溜め込むのです。
(有名人だとXJAPANのYOSHIKIさんが月星座天秤座です)

そもそも、月が天秤座の人はいい人ではないです。
人間関係に疲れ切っており、社交を7歳児レベルでしか理解していません。
母が月天秤座でしたから、そのストレスたるや、仕組みがよくわかるのです。

また月が天秤座はファッションセンスも『あれ?』というのが多いです。
見た目や年齢と似つかわしくないものをチョイスしがち。ただそれが逆に個性になっているとも思います。

月が水瓶座なら個性に振り回されてて必死。なんでも反抗しておけばOKと思っており、ただ幼稚なだけだったり、理論的じゃないのに本人は理論的だと思い込んでいたり…(木村拓哉さんや長瀬智也さん、小林麻耶さんがそんな感じでしょうか)

月が乙女座は分析能力にたけててお金の使い方がきっちりしているのがかっこいいと思っていますが、単純にケチであったり、お金の使い方を7歳児レベルでしか理解してなかったり、全然仕事を真面目にしなかったり、分析が一方的であったり(2ちゃんねるのひろゆきさんがそんな感じでしょうか)

月星座を持つ人の前では、理解力が7歳児レベルに!?

筆者は自分の月のサインがとにかく嫌いです。
この要素が自分を苦しめていますし、相手が持っているともっとも不快で嫌悪感があります。

そもそも月星座とは『自分の弱点』でもあり、
決して得意なものではないのですよね。

だから相手のチャートにその星座が多い場合、自分自身がその星座の性質を7歳児レベルでしか理解できていないから対応が上手にできないのです。
要するに、その星座の悪い面を(自分自身が)助長するわけです。

筆者は元々太陽重視の男性的な人間です。
感情論が嫌いで、月の未成熟さを自覚しやすく、苦手意識があったと思います。

不得意な性質

たとえば月が火のサインの人は自我や行動に問題があります。
横暴であったり、自己中心的な行動が目立つ傾向にあるでしょう。

風のサインであれば、理論的な思考力や情報に問題や不得意さがあります。

土のサインであれば、現実の認識や物質の扱いに問題と不得意さがあります。

水のサインであれば、感情全般に問題と不得意さがあります。

まとめ

月の性質はポジティブなものではなく、弱点という内容でした。

男性の月星座に対応した女性は、要注意。
相手が7歳児のわがままに変貌する恐れと、嫌悪を抱かれる恐れがあります。

女性は月の星座が自分に大幅に足りていないと自覚するだけでストレスが減らせるでしょう。

特に日本人は感情論で判断しがち。
月は7歳児レベルで、キャリアで失敗を招くと感じます。

月星座の性質を満たせる占星術のポイントは、
個人的にドラゴンヘッドだけだと感じています。結婚にもいい。

ただ月星座に関しては安易に満たそうとしない方がいいです。
7歳児レベルに戻るので、感情のトラブルに発展します。

ただ月とは満たそうと必死になる部分でもあります。
しかし月とは7歳までしか発達しない部位。ですから単純に苦痛でしょう。
月が牡羊座に自我を持てといっても、苦悩が深まるだけです。

ですが周囲を見ていると月星座を満たしてくれる人に人間はすり寄って行くのですよね。ですから筆者も同じ月星座の人間(または同じエレメント)ばかりが寄ってきます(で、結局うまくいかないのパターン)

できるなら月は受容して手放すサイクルを確立し、
チャートの太陽や木星の要素を伸ばすといいでしょう。

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。