注目キーワード
  1. 余談
  2. 新月
  3. 満月

良くも悪くもコミュニケーションに課題がある、水星のアスペクト2つを公開しました

コミュニケーションの良し悪しが強烈に出やすいアスペクト、2記事を公開しました。
月×水星』おしゃべりで一言多く、ゴシップや噂話好き。
水星×土星』コミュ障で、軽いノリが苦手。

コミュニケーションって難しいですよね。
その人が何に価値を置くかは、文章からも感じ取る事ができます。絵文字が好きな人は感情ベース、理論を重視する人はテンションの上下がないなど。

余談

コミュニケーションに試練がある、ということで有名なのは『水星×土星』です。
でも『月×水星』はコミュ力が高いことで有名なのでは?そう思われた方も多いかもしれません。
確かに『月×水星』はコミュ力が抜群なのですが、それが過剰に働きすぎるという欠点があります。この2つのアスペクトは陰と陽のような関係かもしれません。

『水星×土星』の方は学生時代くらいまではコミュニケーションの悩みが尽きないかもしれませんが、克服した後は優れたコミュニケーターになる可能性を秘めています。
自分が苦労した経験から、あらゆる人の気持ちを理解してあげる能力を得られるという事ですね。
0度には世界を舞台にユニセフの活動をしているギタリストのMIYAVIさん、180度にはベトナム戦争中に平和のメッセージを世界中に発信したジョン・レノン、90度には愛の伝道師美輪明宏さん、ボランティア活動に取り組まれていた三浦春馬さんがいます。
言葉に重みがあり、真剣に耳を傾ける必要があるような『重いテーマ』を人々へ伝えるメッセンジャーのような存在です。

一方『月×水星』は幼少期からクラスの人気者。学生時代のエピソードも華やかなものが多いのが特徴です。
実際リアルでも(ずっと話してるな…)という印象の人が多く、若々しいといえばそうですね。でも『重い話題が嫌い』という特徴があります。話すのは芸能人のゴシップやドラマ、エンタメの話で何となく薄っぺらく、大人になるにつれて評価が変わってしまう恐れがあるかもしれません。
0度には浜崎あゆみさん、60度には木村拓哉さん、120度には平子理沙さん。3名の方は若い頃から知っていますが、いつまでも言動が若い時代で止まっている印象があり、そこが魅力の人です。
ただ『幼少期の癖』がなかなか取れないのが難点で、思ったら何でも発言してしまい(なまじ学生時代の成功体験がある故)そのやり方が良いと思ったままになりやすいです。

『水星×土星』に戻りますが、筆者はこのアスペクトがある人の作る歌が大好きです。
コミュニケーションを取りたいけど不器用でうまくいかない。人と繋がりたいという渇望が魂の叫びのように繊細な歌詞で歌に乗っており、心に響くのです(メジャーなアーティストではないので載せませんが…)
このアスペクトはこのように『文章で感情を伝えるのが上手』という特徴があります。もし悩んでいる方がいたら、文章にしてみるといいかもしれませんね。