注目キーワード
  1. 余談
  2. メソッド
  3. 世代

【サビアンシンボル・牡牛座20度】雲を作り運び去る風【性格・占星術】

  • 二面性(二重性)
  • ひらめき・インスピレーション
  • 競争
  • 急ぎすぎる
  • 精神性の向上
  • 嫉妬心
  • ネガティブな思考
  • 過去への囚われ
5月9日、10日、11日
藤あや子(演歌歌手)、シド・ヴィシャス(Sex Pistols)、ボノ(U2)

サビアンシンボルとは?

ジョーンズ博士のサビアンシンボルを基本に、大元の度数の概念(セファリエルが掘り起こしてきたもの)を取り入れ、読み解きに加えています。

人生のテーマと向かう場所

牡牛座19度では、心の奥から湧き上がる、本質的なエネルギーが前進を助けました。
この牡牛座20度は、蠍座特有の直感力・嫉妬心・競争が人生を前進させます。

タイトルの『雲を作り運び去る風』の雲とは、神秘を象徴しています。

”あの雲に追いつきたい”
しかし人間がいくら走っても、追いつけない存在。それが雲です。
この雲をどこまでも遠くに運び去ってしまうのが、風の存在。

『雲』というイマジネーションを連想させるこのシンボルは、
すぐ形が変化する儚さや、インスピレーションとも関連します。

牡牛座が生きる世界はファンタジーの世界ではなく、現実。
勇者としての魂(牡羊座)を肉体(牡牛座)に宿し、強固な自己を確立していくのが牡牛座16度〜20度。

この牡牛座20度は、第4グループの終着駅。
確立した信念や哲学を世の中に広めていける人です。
もっとも強い蠍座の性質を持っています。

そんなあなたは『インスピレーション』と『自分の人生』を結びつけて考え、
豊かで幸せに暮らすには、降ってきたインスピレーションをすぐ形にしなければ、と思う人です。

牡牛座16度からは、信念や哲学を確立していく第4グループです。

牡牛座20度は、第4グループの模索で出した結論を形にして広めていける人です。

牡牛座16度からは蠍座の性質が入り込んで、牡牛座らしさに揺さぶりをかけます。

そんな牡牛座20度は、もっとも蠍座の性質が出ると言われる度数。
神秘・直感・競争・嫉妬心・過去への囚われ・ネガティブなど…。

しかし第4グループでは、もっとも地に足がついています。
このグループが模索してきた事を、上手に形にできるでしょう。

ただ競争心が強く、負けたくないという気持ちの取り扱いには注意。
野心が強く、世に出る為には必死に努力できる人です。

しかし不必要な嫉妬心や妬みが原因で、転落や没落も暗示します。
雲とは美しくも儚いもの。
あらゆる場面で「固定されていない」そう感じさせる場面に遭遇するかもしれません。

牡牛座18度の男性的なセンス、19度の女性的なセンスの融合が20度です。
非常に神秘的で、降ってくるようなインスピレーションが可能性を広げていくでしょう。

ただそれらはすぐ消えてしまう儚いものなので、
「今すぐ動かないと!」といった感情に苦しみます。

早く取り掛からないと、突き進まないと、そういった極限の追い込み、限界。
それらに疲れ果ててしまう危険があります。
蠍座特有のネガティブな思考パターンや、嫉妬心、ライバル心にも苦しむでしょう。

性格

インスピレーションを大切にする、神秘的な人です。
ただ地に足がついており、一人で道を切り開くぞ、という強さを感じさせるでしょう。

良くも悪くも男性と女性、どちらの性質も強い人です。
蠍座特有のドロドロとした側面への理解力、
牡牛座の自分の五感や体験を通して形にする姿勢があります。

自分の信念や哲学といった「核」や「軸」となるもの。
そういったものへの関心や模索がテーマとなるでしょう。

儚さとも関連する度数です。
チャンス、成功、命、そういったものにも関心があるかもしれません。

気をつける事は激情とも言える、蠍座的な性質です。
特に嫉妬は落とし穴になる可能性があります。

愛する人への嫉妬、他人の能力への嫉妬。
或いは自分の命を犠牲にしてでも愛する人へ忠誠を誓うような姿勢。
両極端の二面的な性質を持っています。

フラストレーションは前進するエネルギーに変えましょう。
精神性の向上が、蠍座的な性質を上手に活用する鍵となります。

今の状態(オラクル・運気)

牡牛座20度のテーマは『インスピレーション』『競争』です。

この度数は雲と関連があり、
儚さ、イマジネーション、追いかけても手に入らないなどがキーワード。

降ってきたアイデアはすぐ形にしましょう。
風に乗っているようなイメージです。

気が乗っている状態で一気に進める事ができる時期。
或いは時代の風に乗る事など。チャンスは儚い事を忘れずに。

蠍座的な負の側面(嫉妬・妬み・ライバル心)は悪く働きます。
不必要なことにエネルギーを費やす事は時間の無駄。

もしそういったドロドロした感情が出てきたら、
自分の幼さと向き合い、精神性が向上できる書籍を読んでみましょう。
この度数は、命の儚さからも学びがあります。

過去の失敗、悲しみ、憎しみ、そういった負の感情は手放す時。
難しい問題となるかもしれませんが、激情を「這い上がってみせる!」というエネルギーに変える事ができる度数です。

野心に燃え、それを実現できる強さや勤勉さもあるでしょう。
あらゆる負の側面を「自分の糧にする」それがこの度数のプラスの使い方です。

追い詰められるような時は、一旦休みましょう。
特に精神的な疲弊には注意。
マッサージやリラクゼーションを取り入れ、メンタルケアを忘れずに。

このシンボルは『雲』と『風』にも関連しています。
自然を体感する、空気の入れ替え、空を見上げる、時代の風に乗る事が幸運のヒントになりそう。

参考文献と資料

https://collections.nlm.nih.gov/catalog/nlm:nlmuid-9410623-bk

PR